« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

ホタル通信 No.241

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.376 御札の効果
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この話は、とある小説と少なからずリンクしています。その
小説の後日談的な立ち位置です。

その小説は「No.112 願い事~鈴虫寺から~」であり、真相
は「ホタル通信 No.014」で書いたとおりです。
早い話、鈴虫寺に行った本当の目的を、No.376で描いてい
ます。
ただ、自分でもビックリするほど、かなり後にこの話を書いて
います。その理由はあるような、ないような・・・。

後日談的ではありますが、実話度は低めです。全体的には
創作で、所々のニュアンスが実話です。
“悪いことが続いた”のは事実であり、厄年と相まったから
こそ、御札を買おうとなったわけです。
別に御札の効果を本気で信じていたわけではありませんが
そうでもしないと心穏やかではいられませんでした。

さて、その御札は今でも名刺入れに忍ばせています。
苦しかったこと、辛かったこと・・・一番身近で感じとってくれ
たでしょうから。
T241

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.603-2]未来への伝言

No.603-2

「・・・あっ!」
「ん!?」

友人がなにか思い出したような表情をしている。

「そういえば、家にある・・・」
「・・・なにが?」
「え~っと・・・名前・・・なんだっけ・・・」

“ここまで出掛かっているんだけど”のパターンだ。
思い出せなくて悶絶している。

「ほら、ヘッドホンして・・・持ち歩け・・・」
「それ、ウォークマンでしょ?」

さっきまでの悶絶が歓喜に変わった。

「多分、一号機だと思う」
「父親がそんなこと言ってた」
「一号機って・・・ある意味、博物館ものじゃない!?」

たしか、その時代はカセットテープだったと思う。

「それにしてもよく持ってたわね、お父さん」
「いつも、それで聞いてたんだって・・・私の声」

友人が幼いころに、父親が録音したものらしい。

「さすがにテープは残ってないけど」
「ウォークマンは今でも父の写真の隣に置いてあるの」

S603
(No.603完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.603-1]未来への伝言

No.603-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
意外なところから話が広がっていくことがある。

「3代目からはずっと同じメーカーだよ」

もともとはスマホの話をしていた。
スマホの登場で、パソコンと向き合う時間が減った・・・
そんな話だった。

「私もそのメーカー!」

それがパソコン自体に話が移ってしまった。

「今じゃ、少数派だろうけど」
「そうね、スマホと同じね」

品質、デザイン、価格・・・選ぶ基準はたくさんある。

「でも、やっぱり、名前と言うか・・・」
「ひとつのブランドよね?」

単なるネームバリューとは違う。

「そうそう!なんか期待しちゃうのよね」

いわゆる“すっぱいぶどう”の逆パターンだ。
“きっとあの商品は出来がいい”
そう思わせる何かを持っている。

「実際、デザインも良いしね!」

(No.603-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.602-2]チャレンジャー

No.602-2

「分からないわけでもないけどね」

いわゆる“M”ではない。
言い換えるなら、修業的な感覚だ。

「苦しさそのものより・・・」
「それを乗り越えた時の達成感?」
「・・・だな」

そのひとつがフルマラソンへのチャレンジだ。

「それなら、少しマイナーな大会から始めたら?」

言い訳がましいが、応募する時点からそれが始まっている。

「簡単に出られないことも、その苦しさのひとつさ!」
「ふ~ん・・・そんなもんなんだ?」

ただ、当選したらしたで、正直こわい。
フルマラソンどころか、学生以来、長距離を走ったことがない。
いや・・・長距離どころか、日常生活では“走る”ことすらない。

「と、とにかくチャレンジあるのみ!」
「だから・・・なんだ」
「ん?・・・なにがだよ?」

ニヤニヤ顔が、鼻に付く。

「私とつきあってるのも、そのチャレンジのひとつ?」
「そ、それは・・・」

正直、その問いに対しては答えにくい。
S602
(No.602完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.602-1]チャレンジャー

No.602-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、今年も応募したの?」
「もちろん!」

とは言え、一度も当選はしていない。

「でもさぁ、マラソンってそんなに魅力があるわけ?」

正直、その問いに対しては答えにくい。
魅力を感じて、申し込んでいるわけではないからだ。

「まぁ、変に聞こえるかもしれないけど・・・」

一応、多少の前置きが必要だ。

「一言で言えば“苦しさを味わいたい”からかな」
「・・・ひょっとして?」
「ひょっとしない!!」

だから、多少の前置きが必要だ。

「確かに、絶対違うとも言えないけど」

別に苦しいのが好きなわけじゃない。
けど、時々、苦しさに身を置きたくなることがある。

「ただ漠然とじゃなくて、こう・・・なんて言うか・・・」
「つまり、チャレンジ的なことでしょ?」
「そう!それそれ!!」

彼女に言いたいことをまとめらてしまった。

(No.602-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.240

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.384 青空に聞く
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

言い訳がましいですが、冬のホタルはあくまでも「小説風」
なので、いわゆる“伏線”をあまり仕込んでいません。

・・・ですが、時々、意図的に伏線を仕込むことがあります。
今回の小説で言えば「自分の存在を否定しようと“行動”に
出るんだ」の部分が、それに該当します。
当然、伏線があるいうことは、それに呼応する部分もあるわ
けです。

その呼応する部分は後ほど・・・ということで、実話度につい
て少し書いておきます。
登場人物や場所についてはすべて創作であり、元カノ自体
や元カノにまつわる部分が事実です。
なぜ、青空と元カノの話を結びつけたのか、正確には覚えて
いませんが、誰かを想う時、フッと青空を見上げることが多い
ため、自然とそうなったような気がしています。

さて、後回しにした呼応する部分ですが、それはラストの2行
になります。
オブラートに包まず書けば「生きて青空を下から見上げてい
る」と「亡くなっていて空の上から見守ってくれている」という
ことになります。
つまり、伏線の部分は“自ら命を絶つ行動”と言い換えること
ができます。

ホタル通信にも何度か書いたこともありますが、冬のホタル
の原点は、このような小説たちです。
逆に、作者に筆を取らせたのも間違いなく、小説上の元カノ
なんですよ。
T240

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.601-2]大切なものはなにか

No.601-2

「そうだよ!」

・・・とは言え、見た目だけ硬派なのが本音だ。

「まぁ、とにかく気を付けてね」
「・・・なにをだよ?」
「繊細なだけに、ストレスとか溜めないでね!ってこと」

バレているというか、理解されているというか・・・。

「あ、ありがとう・・・」
「だって、打たれ弱いじゃない?」
「相変わらず、ハッキリ言うね」

でもそれは、毒舌交じりの彼女なりのやさしさだ。

「とにかく、心も身体も気をつけなきゃね!」

確かにそうだ。
振り返って見れば、そう思えることも多い。
頑張り過ぎて、心身ともにしんどい時期があった。

「うん・・・そ、そうだよな!」
「自分をねぎらうことも忘れずにね」
「それに、かつてチャップリンも言・・・」


周囲の渦に巻き込まれ、自分じゃ居られないときがある。
そんな時、彼女から聞いたその言葉を思い出している。

「ありがとう・・・なにが大切か、もうみつけたから」
S601
(No.601完)
読み終えたら
、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.601-1]大切なものはなにか

No.601-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「チャップリンも言っていたでしょう?」
「人生に大切なものはなにか、って」

かつて、こう言われたことがある。
そして、今、それを噛みしめている。

「繊細ねぇ・・・」
「不服?」

少なくとも、けなされてはいないと思う。
でも、誉め言葉には聞こえない。
特に男性の場合は・・・。

「確かに、そうだとは思うけど」

占いの種類を問わず、よく似た結果になる。
芸術的なセンスがあると・・・。
そして、そこにはこう添えられている。

「繊細な芸術家タイプだって」

だから、彼女の言葉については否定しない。

「だったらピッタリじゃない?」
「そうだけど、女性ならまだしも・・・」

いわゆる“線”が細く、思われてしまう。

「そうかな?」

昔から硬派で通してきた自分には不服だ。 

(No.601-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.600-2]ふたりの行方

No.600-2

「だけど、今の状態を続けても・・・」

毎日、つらい日々の連続だろう。
何度もそんな話も聞かされたし、現場を目撃したこともある。

「・・・分かってる」
「分かってるけど・・・」

悩む理由は分かっている。
彼女はもともと行く場所も帰る場所もなかった。
それを“宿主”は知っている。
だからこそ、何事も強気だ。

「行動に移すなら早いほうがいいよ」
「・・・メールする」
「ありがとう・・・考えとく」

まれに見る彼女の笑顔だった。
・・・と、その時はそう見えた。
でも、ふたりの想いが交わることはなかった。

「離れ離れになるなよ」

彼らが再び会えるようにと、言葉だけのお節介をやいた。
別々の方向にハトが飛んで行ってしまったからだ。

あの日の僕らと同じように。
S600
(No.600完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.600-1]ふたりの行方

No.600-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
二羽のハトが仲良く地面をついばんでいる。
でも、目があってしまったせいか、空高く飛んで行った。

(わるいことしたな・・・)

そのハトを目で追う・・・ある想いを巡らせながら。

「部屋、借りようか?」

この言葉に一点の曇りがないわけじゃない。
けど、そう言わせるものを今の僕は持っている。

「・・・どうしよう」

彼女にとっても決して悪い話じゃないはずだ。
ただ、彼女も僕と同じだ。
白黒決められないものを持っている。

「マンスリーマンションなら・・・」

敷金や礼金は不要なはずだ。
賃貸より、煩わしさ感は少ない。

「うちも、そう考えてはいるんやけど」
「踏ん切りが付かない?」
「・・・せやね」

恐らく“その後”を心配しているのだろう。
確かに僕だって、いつまでも部屋を借り続けることはできない。

(No.600-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.239

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.393 恋の練習
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

作者が男性か女性は別にして、「元カレあるいは元カノに似
ていたから」という部分は事実です。

小説上の私(男性)が彼女を選んだ理由は、もちろん顔だけ
ではありませんが、大勢の女性の中では、どうしても目が行
ってしまうのは避けられません。
ただ、元カノに似ているからではなく、単に顔の好みだけの
ことかもしれず、自分ではよく分かっていません。
ですから、気付いてみれば外見的に、似たような人を好きに
なることが多いような気がします。

そんなこんなを小説にしてみようと書き始めましたが、意外な
ほど早く書き終えることができました。
オチは、現在の彼女が「自分は元カノに似てるから選ばれた」
となる部分を逆手にとった感じです。
「過去の恋は私と恋をするための練習に過ぎない」というわけ
です。実際、そんな感じの彼女でしたから。

あまり良いイメージではないかもしれませんが、今でも好意を
抱く人は、同じような顔の人です。
前述したように、これが生まれつきそうなのか、最初に付き合
った人の影響なのかは分りません。
少なからず、面影を重ねながらも、性格までもが同じというこ
とはなく、そのギャップに一喜一憂するのもまた恋愛の楽しみ
なんでしょうね。
T239

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.599-2]お手入れ

No.599-2

「でも、なんで急に?」
「パンクを修理したついでに、ちょっと拭いてみたの」
「・・・修理できるの!?」

友人の驚きはさておき、拭いた箇所が輝きを取り戻した。

「そりゃ、買った当初とまではいかないけど」
「それでも、きれいになったの」

単なる土埃ではなく、油汚れに近い。

「で、きれいにし始めたら・・・」
「なるほどね」

結果、5年分の垢を落とすことになった。

「そしたら、急に愛着がわいてきて」

それまでは、どちらかと言うと嫌いだった。
購入当初から、何となく調子が良くなかったからだ。

「今では、ほら・・・」

痛んでいたグリップやサドル、ブレーキまでも取り替えた。

「私はあなたに愛着がわいてきたわ」
S599
(No.599完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.599-1]お手入れ

No.599-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
よくよく考えなくても、購入以来始めてきれいにした。

「5年間も?」
「・・・うん」

別に、きれいにするのが嫌いなわけじゃない。
むしろ、きれい好きな方だ。

「相当、汚かったんじゃない?」
「まぁ・・・ね、それなりに」

ただ、想像していたよりはまだマシだった。

「だってさぁ、時々雨が降ったら汚れも落ちるじゃん」
「そりゃそうだけど」

確かに、それで全ての汚れが落ちるなんて思っていない。

「それに、外に置いてるわけだし」

駐輪場に屋根は付いているものの、基本、野ざらしだ。

「だから、きれいにしない?」
「そうね・・・そんなとこ」

きれいにした所で、すぐに雨風や埃にさらされる。

(No.599-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.598-2]風化

No.598-2

「メールくらいくれてもいいだろ?」
「・・・ごめんね」

急にしおらしく、してしまった。

「とは言え、遠距離恋愛中の恋人同士じゃないわけだし」
「そうだけど、色気がないこというなよ」

彼とは、昔同じ職場で働いたことがある同僚だ。
特別な感情はない・・・つもりだ。

「ちょっと、しんどい時期があってね」
「そう・・・わかった」
「これ以上聞かないの?」

聞かれなければ聞かれないで、どこか寂しい面もあるが・・・。

「それで十分だよ」
「・・・ありがとう」

電話もメールもできないほどじゃなかった。
けど、到底、そんな気にはなれなかった。

「言わば、2年という時が解決してくれたわけだ?」
「そうね・・・風化とは良く言ったものよ」

いつの間にか、風に吹かれて傷も癒えた。

「傷が風に化けて消えて行った・・・そう考えるのも悪くないな」
S598
(No.598完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.598-1]風化

No.598-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「久しぶり~!」

ここ数週間で、何度この言葉を口にしただろう。

(口だけでじゃないけど・・・)

「ほんと、久しぶりだよな」
「連絡くらい、してくれれば良かったのに」

皆、口々にそう言ってきた。

「ごめん、ごめん、色々あって・・・」
「・・・それ“聞いて”っていう前振り?」
「ち、ちがう!ちがう!」

全力で否定した。
意味深な発言をしてしまった自分にも責任がある。
けど、そう解釈してしまうのは大阪のノリなんだろうか?

「話したくなかったら、聞かないけど?」

そう畳み込んで来るのも彼らしい。

「まぁ、いいじゃん!・・・ところでさぁ・・・」

無理やり話を終わらせたつもりだった。

「ふ~ん・・・」

いや・・・終わらせてくれないらしい。

(No.598-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.238

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.379 中華街
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

登場人物の設定とラストを除いては、ほぼ実話と言って良い
でしょう。

あまり意識はしていませんが、冬のホタルには“ハト”がよく
登場します。出会う機会が多い、身近な存在だからかもしれ
ませんが、小説にも書いたように彼らに苦笑させられることが
シバシバあります。
もはや、立派にレギュラーの存在感で、今となっては欠かせ
ない存在です。こうしてホタル通信を書いている最中も、ひと
つの出会いがありましたから。

さて、実話度は100%なので、読んでいただいた通りの内容
です。
経験上、ハトには丸々と太ったイメージしか持っていなかった
のですが、中華街で出会ったハトはそれとは大きくかけ離れ
ていました。
場所柄、おこぼれにあずかることが多いと思っていただけに
そのギャップが筆を取らせるきっかけだったことを、今でも覚
えています。
そんな彼らに対して「肉饅頭の欠片を落とす」という行為は、
実際にはしていません。その時は不思議と、そうしようとは思
いませんでした。

ただ、なんか憎めない奴らなんですよね。人間社会に溶け込
んで必死に生きている姿に、何かを重ね合わせているんでし
ょうか・・・。
S238

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.597-2]資格取得

No.597-2

「昨日試験どうだった?」

彼女と顔を合わせるなり、いきなり声を掛けられた。

「・・・ごめん、聞いちゃダメな結果だった?」
「ううん、多分大丈夫」

面食らう僕を見て、そう感じたらしい。

「な~んだ・・・心配したじゃん!」

自己採点の結果、余裕をもって合格圏内だった。

「とにかく、この半年頑張ったからな」

思い返せば、彼女の一言から勉強はスタートした。

1ヵ月後、試験の結果が公表された。
もちろん、合格していた。

「合格したよ!」
「おめでとう!頑張ったもんね」

本当は昇格なんて二の次だ。
目の前に居る人にほめてもらいたい・・・ただそれだけだった。
S597
(No.597完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »