« [No.593-2]幻の桜 | トップページ | [No.594-1]2年ぶりのメール »

ホタル通信 No.236

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.359 好きだった
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小説の舞台は披露宴の二次会ですが、これ自体は創作で
実際は単なる飲み会の席での話でした。

モテた・・・という自慢話に聞こえますが、特に何かがあった
わけでもなく、いわば未遂ばかりでした。
つまり、好きになってはくれたものの、告白されたわけでも
なく、付き合ったわけでもありませんから、周囲から見れば
私はちっともモテていません。

創作とは言え、小説の舞台として披露宴の二次会を選んだ
のには理由があります。
私が結婚して間もない頃の飲み会の席だったので、結婚を
期にカミングアウトされた印象が強く、それならばいっその事
舞台を披露宴にしてしまえ・・・と考えました。

披露宴当日の話になると、小説にも書いたように艶めかしく
もあり、ひと波乱ありそうな予感も感じさせます。
ただ、ドロドロとした愛憎劇は小説のパターンとして好きでは
ないので、真逆のコミカルな展開に終始しています。

いつもの通りラストは考えず、ただただ書きなぐる・・・そんな
感じでしたね。そして、登場人物たちに感謝です。手前味噌
にはなりますが、いつも素敵なオチを運んでくれます。T236_2

web拍手 by FC2

| |

« [No.593-2]幻の桜 | トップページ | [No.594-1]2年ぶりのメール »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.236:

« [No.593-2]幻の桜 | トップページ | [No.594-1]2年ぶりのメール »