« [No.591-2]メルヘン | トップページ | [No.592-1]妄想の縮図 »

ホタル通信 No.235

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.335 天からの贈り物
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

いわゆる雨男ネタの小説です。ある意味、冬のホタルでは
雨女を含めて、お馴染みのテーマです。

小説の内容は作者がよく言う商業的な作りで、小さくまとま
った構成になっています。
商業的な作りは正直好きではないのですが、このテーマを
選ぶと不思議とショートショート風に仕上がります。

雨男あるいは雨女自体は事実・・・というのも変ですが、そう
思わせる事実が数限りなく存在します。
作者の性別を明かしていないので、小説の雰囲気に合わせ
て、男になったり、女になったりしています。

さて、雨男、雨女は周知の事実として、小説に書いた裏切り
のシチュエーションも事実です。
その裏切りの話を小説の前半では隠して、読み手には「?」
状態で話を展開させています。
情報社会と絡ませたのも、なんとなく今風な仕上がりになる
と考えたからです。

今でも、小説と同じようなことが起こっています。単なる偶然
の域はとっくに超えているのですが、だからどうなんだ・・・と
いうこともありません。
逆に、小説を作るときに欠かせない、大切な日常なんですよ。
T235

web拍手 by FC2

| |

« [No.591-2]メルヘン | トップページ | [No.592-1]妄想の縮図 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.235:

« [No.591-2]メルヘン | トップページ | [No.592-1]妄想の縮図 »