« [No.589-2]後先考えて | トップページ | [No.590-1]僕らのマネージャー »

ホタル通信 No.234

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.323 隣人
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

冬のホタルの小説は作者が体験したことを基本的に作って
います。それから小説の牽引役を男性にするか、女性にす
るかを決めています。

ところが時々、体験した事実を相手目線で書くことがありま
す。例えば会社で、女性の上司に怒られる、部下の男性が
居たとしましょう。
仮に作者がその女性上司であれば、怒られている部下の
男性の心情などを想像しながら書くのです。ですから、シ
チュエーションとしては100%事実でも心情まではそうとは
限りません。

今回の話がそうだとは限りませんが、このようなことも頭の
片隅において読んで頂ければ幸いです。
従って、実話度は20%と低めですが、シチュエーション的
にはもう少し高めです。
作者が小説上の男性あるいは女性のどちらかは秘密です
が、この小説の女性は、最近よく登場しています。そして、
今でも小説と同じような何ともスッキリ、ハッキリしない関係
が続いています。
S234_2

web拍手 by FC2

| |

« [No.589-2]後先考えて | トップページ | [No.590-1]僕らのマネージャー »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.234:

« [No.589-2]後先考えて | トップページ | [No.590-1]僕らのマネージャー »