« [No.587-2]私の名は竜王 | トップページ | [No.588-1]トナカイのかぶりもの »

ホタル通信 No.233

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.343 枯れた花 
実話度:★★★☆(60%)
語り手:女性

ポインセチアは買ったものではなく、わかりやすく言えば抽選
の景品として貰ったものです。

貰いものだし、それにすぐに枯れてしまうものだと思っていま
したから、正直そんなに身を入れて育てていたわけではあり
ませんでした。
それが・・・植物の生命力ってすごいですね。1週間が過ぎ、2
週間が過ぎ、気付けば数ヵ月が経過していました。その頃か
らでしょうか・・・少しづつ愛情が芽生え始めてきました。

そんな矢先、体を動かしたせいもあって、少し汗ばむ日があり
ました。その時に、その年初めてのエアコンの冷房運転をした
ことがおそらく原因でポインセチアは急激に弱って行きました。
小説にも書いた通り、寒い冬を越してきたので・・・まさかそうな
るとは思ってもみませんでした。

別の植物を育て始めた・・・これは、いちごの苗なんです。
タイミング的に重なったこともあって、ラストは別の植物を育て
始めたことによる浮気が、ポインセチアを枯らした原因のような
感じにしています。
丁度その頃、人間界でも似たようなことがあったものですから。
T233

web拍手 by FC2

| |

« [No.587-2]私の名は竜王 | トップページ | [No.588-1]トナカイのかぶりもの »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.233:

« [No.587-2]私の名は竜王 | トップページ | [No.588-1]トナカイのかぶりもの »