« [No.583-2]知れば知るほど | トップページ | [No.584-1]白いスカーフ »

ホタル通信 No.231

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.313 すっぱいぶどう 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

読み返してみると、話の構成に少し散らかっている感があり
ますね。

自転車のパンク、そして自宅まで押して帰るためのモチベー
ションについては、事実をもとにしています。
誰しも・・・とは言えませんが、人は多少そんなところがあると
思っています。
人気のスイーツが買えなかったら「そんなに美味しくないだろ
う」、テレビ番組を見逃したら「そんなに面白くなかっただろう」
と、いわゆる“すっぱいぶとう”的な考えをしてしまいます。

もっと大袈裟に言うと、例えば電車に乗り遅れたら「乗ってた
ら大事故に巻き込まれていたけど、それを回避できた」なんて
SF映画のようなことを考えたりします。
こうなると、もはや妄想の世界ですが、良く言えば“ポジティブ
思考”と言えなくもありません。

話を戻すと、歩けば自宅まで小一時間以上かかる現実に対し
て、何とかしてモチベーションを保たないと、途中で挫折してし
まいそうになります。
ラスト付近はオチをつけるために、やや強引に“彼氏”の話を
ねじ込んだ感は否めません。
・・・ですが、何となくそれらしく終わることができました。キチン
とではなく、あくまでもそれらしく終わらせています。T231

web拍手 by FC2

| |

« [No.583-2]知れば知るほど | トップページ | [No.584-1]白いスカーフ »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.231:

« [No.583-2]知れば知るほど | トップページ | [No.584-1]白いスカーフ »