« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

[No.588-1]トナカイのかぶりもの

No.588-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------

「えっ!知らなかった・・・」

かつての勤務地に出張でやってきた。

「・・・だと思った」

昔、一緒に働いた同僚が病気で入院しているという。

「ごめん・・・」
「ううん、だってあまり大きな声では話してないからね」
「・・・病状は聞いてもいい?」

表情が冴えない。
何となく、いやな予感がする。

「・・・そうね・・・良くはないわね」

少し間をおき、考えてから答えてくれた。

「そうなんだ」

聞けば、二ヶ月くらい前から入院しているらしい。

「でも、会社で健康診断とかやってるでしょ?」
「レントゲンには写らなかったんだって」

詳しくはないが、聞いたことはある。
臓器に隠れて見えない位置で発症するケースだ。

(No.588-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.233

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.343 枯れた花 
実話度:★★★☆(60%)
語り手:女性

ポインセチアは買ったものではなく、わかりやすく言えば抽選
の景品として貰ったものです。

貰いものだし、それにすぐに枯れてしまうものだと思っていま
したから、正直そんなに身を入れて育てていたわけではあり
ませんでした。
それが・・・植物の生命力ってすごいですね。1週間が過ぎ、2
週間が過ぎ、気付けば数ヵ月が経過していました。その頃か
らでしょうか・・・少しづつ愛情が芽生え始めてきました。

そんな矢先、体を動かしたせいもあって、少し汗ばむ日があり
ました。その時に、その年初めてのエアコンの冷房運転をした
ことがおそらく原因でポインセチアは急激に弱って行きました。
小説にも書いた通り、寒い冬を越してきたので・・・まさかそうな
るとは思ってもみませんでした。

別の植物を育て始めた・・・これは、いちごの苗なんです。
タイミング的に重なったこともあって、ラストは別の植物を育て
始めたことによる浮気が、ポインセチアを枯らした原因のような
感じにしています。
丁度その頃、人間界でも似たようなことがあったものですから。
T233

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.587-2]私の名は竜王

No.587-2

主役ではないけれど、準主役級の役だった。

「なんで、よりによって・・・」
「でも、結構、似合ってたよ」

私は王様の役だった。

「王様は王様でも“女王様”が良かったんだけど!」

もちろん男女共学の学校だ。
普通に考えれば、男子が王様役になるはずだ。

「セリフもバッチリだったよ」

私の想いとは裏腹に、劇は大成功を収めた。

「今でもセリフ覚えてる?」
「覚えてるよ、とくに“アレ”なんか・・・」

人間界からの侵入者を前に王様は、こう声を発した。

「“私の名は竜王!人間よ、このわしになに用じゃ!”」
「あった、あった!」

竜王の前で、ひれ伏す人間・・・。
その人間は、私の初恋の相手だった。
S587
(No.587完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.587-1]私の名は竜王

No.587-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「最近、お姫様の格好をした子供によく出会うよね」
「ほら・・・アレでしょ?」

去年、大ヒットした映画の影響だろう。

「それで、思い出したことがあるんだけど・・・」

友人が小学生の頃の話をし始めた。
友人とは幼稚園からの付き合いになる。
それに中学に入る前までは、クラスもずっと同じだった。

「話の流れからすると、もしかしてアレ?」
「正解!!」

三年生の時だった。
いわゆる“文化祭”のような催し物が開催された。

「今でも・・・気にしてるんだから」

私たちのクラスは、寸劇に毛が生えた程度の演劇だった。
オリジナルの物語は先生が考えた。

「あっ!やっぱり?」

舞台でなにか大きな失敗をしたわけじゃない。
問題は配役にあった。

(No.587-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.586-2]巨人と私

No.586-2

「そんなこともあるんじゃない?」

珍しく友人が理解をしめしてくれた。

「なにか心境の変化でも?それとも悩みごと?」
「えっ!?・・・ど、どうだろう」

あらためて聞かれて気付いた。
特に思い当たるものがない。

「ごめん・・・自分でもよくわからない」
「だ・か・ら、そんなこともあるって言ったのよ」

もしかしたら、潜在的に不安を抱えているのかもしれない。

(それに気付いていないだけなんだろうか?)

「まっ、あまり気にしないことね」

今日の友人はやけにやさしい。

「持つべきものは友ね!」
「ところで、来週、引越しだったわね?」

お礼と言うわけじゃないけど、手伝いのひとつでも買って出たい。

「ありがとう、手伝ってくれるの?」
「もちろんよ!」
「じゃ、引越し先で待ち合わせね」

そう言うと、あの巨大なマンションを指差した。
S586
(No.586完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.586-1]巨人と私

No.586-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・なんか、鼻に付くんだよね」

言葉の使い方は、決して正しいとは言えない。

「えっ!私のこと!?」
「ごめん、そうじゃなくて・・・あれよ、あれ・・・」

岐路に着くために、同僚と駐輪場に向かう。
その道すがら、巨大なマンションがふたつ左に見える。

「マンション・・・?」
「そう!」

もちろん日中も見えてはいる。
それが夜になると、窓の明かりと共にライトアップもされる。
・・・いやおうなしに、その存在感を感じる。

「別にマンションも、住んでる人も悪くないけど」
「なんか、威圧的で・・・」

単なる妬みだけなのかもしれない。

「まぁ、確かに威圧的ではあるけれど」

まれに見る巨大さだ。
そのマンションから見下されているように感じてしまう。

「だから、鼻に付くってことね?」
「・・・被害妄想って分かってはいるけど」

なぜだか、素直にそれを見ることができない。

(No.586-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.232

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.285 誰も居ない助手席
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

実話度100%であり、ほぼ実話を再現しています。ですが、
いつものお約束通り、作者は送ってくれた彼なのか、送ら
れた彼女(美紀)なのかは秘密です。

内容は読んで頂いた通りであり、当ブログではもはや定番
となっている“他の小説とのリンク”関係があります。
小説冒頭に書いている“ふとあの夜を思い出す”がそれで
あり、「No.24 一人だけの入学式」がリンク関係にある小説
です。
また、No.24については「ホタル通信 No.072」でも紹介して
いる通り、決して明るい話ではありません。
時系列で言えば、N0.24の後に彼女を自宅まで送っていく
シーンを描いたものです。
ただ、直接的に描いたのではなく、それ自体を回想シーン
として描いています。

もう少し全体像を話せば、N0.24の前にも一連の話が存在
しています。つまり、この小説は三部構成になっており、そ
れだけ、印象深く、超短編を売り物にしている当ブログであ
っても、一話ではとても収まりきれませんでした。

回想から戻った場面がラストシーンです。
手前味噌で恐縮ですが、とても気に入っている表現であり
一場面です。
T232

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.585-2]冬だから

No.585-2

「せいじゅうろうは大変やろな・・・」

唐突に話題が変わった。
変わったというより、狙っていた可能性が高いが。

「なにが・・・さ?」
「寒いやろ、裸なんやし」

記憶では、リラックマは着ぐるみだ。
確か、“水玉模様”の中身が存在する。
そうなると、正確には裸ではない。

「・・・か、な?」

とは言うものの強く否定するわけにもいかない。
せいじゅうろうはリラックマであって、リラックマではない。

「でも、大丈夫なんやで!」

裸と言いながらも、大丈夫と言ったり・・・。
相変わらず話がややこしい。

「なんでさ?」
「ほら、見てみい」

そう言うと、カバンからせいじゅうろうを取り出した。

「冬だから毛が伸びたみたいやで」
S585_3
(No.585完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.585-1]冬だから

No.585-1  [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「毎日、寒い日が続くねぇ~」

菜緒(なお)が珍しく、気象ネタで話しかけてきた。

「・・・そ、そうだね」

普段、口にしないセリフだけに、よそよそしさを感じる。
きっと何か企んでいるにちがいない。

「こんな時には暖かい格好するのが一番やね」
「・・・の割には薄着じゃない!?」

一応、ダウンジャケットは羽織っている。
けど、中は初夏に似合いそうな服装だ。

「せやかて、建物の中は暑いやん」

確かに必要以上に暖房が効いているところも多い。
現に、俺も少し汗ばんでいる。

「そうなんだけど、人の目もあることだし・・・」

自分が望まなくとも、それ相当の格好は必要だ。
好奇の目で見られてしまうからだ。

「それにしても、やけに拘るね」
「寒いもんは寒いやろ?」

今回は、純粋にそれだけなんだろうか?

(No.585-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.584-2]白いスカーフ

No.584-2

「少し前から、白いスカーフが素敵な・・・」
「ちょっと!」

案の定、絶妙なタイミングで話しに割り込んできた。

「私を目の前にして、よくそんなこと言えるわね!」

予想以上に怒っている。
これはこれで面倒だ。

「白いスカーフが素敵な、としか言ってないだろ?」
「最後まで聞かなくても分かるわよ」

確かに、何の話をしているのか容易に予想できる。
そうなるように仕向けたのだから・・・。

「気になる?」
「・・・と言うより、そうしたんでしょ?」

これまた、バレているようだ。

(そんなに顔に出るのかな・・・)

「そうなんだけど、実はさぁ・・・」

素敵な・・・に続く言葉は“女性”ではない。

「分かってるわよ」
「どうせ、野良猫でしょ?」

彼女は猫が嫌いだ・・・ただ、なんで分かったんだろう?
S581
(No.584完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.584-1]白いスカーフ

No.584-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
始めて出会ったは、二週間前だ。
それ以来、頻繁に出会うようになった。

「・・・さっきから、なに、ニヤケてるの?」

(・・・しまった!)

良いことも悪いことも顔に出やすいタイプだ。

「い、いや・・・なんでもないよ」

このセリフに、彼女が僕を睨みつけてきた。
やはり・・・バレているようだった。

「本当はちょっと良いことがあって」
「・・・だと思った」

正直に話したのはここで話が終わると思ったからだ。
いつも、話に深入りはしてこない。

「どんなこと?」
「へっ!」

予期せぬ突っ込みに何とも間の抜けた返事を返してしまった。

「どんなことって・・・」
「・・・話せないこと?」

もちろん話せない内容じゃない。

(それなら・・・そうだ!)

新年早々、彼女をちょっと、からかってみることにした。

(No.584-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.231

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.313 すっぱいぶどう 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

読み返してみると、話の構成に少し散らかっている感があり
ますね。

自転車のパンク、そして自宅まで押して帰るためのモチベー
ションについては、事実をもとにしています。
誰しも・・・とは言えませんが、人は多少そんなところがあると
思っています。
人気のスイーツが買えなかったら「そんなに美味しくないだろ
う」、テレビ番組を見逃したら「そんなに面白くなかっただろう」
と、いわゆる“すっぱいぶとう”的な考えをしてしまいます。

もっと大袈裟に言うと、例えば電車に乗り遅れたら「乗ってた
ら大事故に巻き込まれていたけど、それを回避できた」なんて
SF映画のようなことを考えたりします。
こうなると、もはや妄想の世界ですが、良く言えば“ポジティブ
思考”と言えなくもありません。

話を戻すと、歩けば自宅まで小一時間以上かかる現実に対し
て、何とかしてモチベーションを保たないと、途中で挫折してし
まいそうになります。
ラスト付近はオチをつけるために、やや強引に“彼氏”の話を
ねじ込んだ感は否めません。
・・・ですが、何となくそれらしく終わることができました。キチン
とではなく、あくまでもそれらしく終わらせています。T231

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.583-2]知れば知るほど

No.583-2

「ほら、こうして二人きりで逢うようになったじゃない?」

彼とは十年来の知り合いだ。
でも、こうして親密に話すようになったのは、一年くらい前からだ。

「あっ、うん・・・」

ましてや二人きりで逢うようになったは、ごく最近だ。

「あなたのこと、知れば知るほど・・・なんか・・・ね」

別に彼のことを“男性”としてみているわけじゃない。
でも、知れば知るほど、別れがつらくなる。

「・・・それは、僕もだよ」
「多分、同じ気持ち」

友達以上恋人未満とはよく言ったものだ。
今の二人には、まさしくこの言葉がピッタリ当てはまる。

「明日・・・早いの?」
「ううん、前よりは少し余裕があるよ」

明日の午後早く、大阪に戻るみたいだった。

「そっか・・・」

しばらくの間、沈黙が続いた。
お互い、“次、いつ逢える?”という言葉を切り出せないまま・・・。S583
(No.583完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.583-1]知れば知るほど

No.583-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「・・・どうした?」
「えっ・・・あ、なんでもない・・・」

(しまった・・・)

つい、考え事をしてしまった。
ただ、時と場所を選ぶ必要がある。

「僕の話・・・つまらないかな?」

思った通り、勘違いされた。
それもそのはずだ。
お酒の席での物憂げな表情は、大きな誤解を招く。
特に二人きりの場合は。

「そんなことないよ!」
「何だかさっきから“心ここにあらず”って感じだけど」

確かにそうだと思う。
けど、話がつまらないからではない。

「ごめん・・・」
「悩み事や心配ごとでも?」

そうとも言えるし、違うとも言える。

「正直に言っていい?」

別に愛の告白をするつもりではない。
それに近い話をするだけだ。

(No.583-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.582-2]クリスマス

No.582-2

「だろ?」

ジョークとも本気ともとれる程度が丁度良かった。
その点、栄養剤は適役だった。
ふたりの距離を縮めるためには・・・。

「でも、他の女性にそんなことしないでよ」
「間違いなく、引かれるから」

言われなくても理解している。
引かれるどころか、それ以上の結果が待っているだろう。
見方によっては、栄養剤は“精力剤”だからだ。

「分かってるよ」

そもそも彼女じゃなければ、そんなリクエストすら来ない。

「まぁ・・・お蔭様で元気になったけどね!」
「一番効くの、選んだつもりだよ」
「うん・・・それは分かってる」

僕たちはいまだ、照れ隠しの会話が続いている。
S582
(No.582完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »