« [No.577-2]白紙のページ | トップページ | [No.578-1]バチあたりな行動 »

ホタル通信 No.228

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.266 思い出すもの
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

毎度のことで恐縮ですが、実話度100%であっても、作者が
語り手だとは限りません。

実話度100%なので、読んで頂いた通りです。脚色もほとん
どないので、ほぼ実話を再現できています。
彼女は度々、当ブログに登場してくれる人で、当初、“メール
の返信が極端に遅い”ことが特徴でした。
それが彼女との連絡の手段がメールからLINEへ変わったこ
とで“返信が遅い”彼女も変化して行ったんですよ。今では
向こうからバンバン、連絡が入ってきます。

ですから、この小説は懐かしくもありますね。
彼女と離れ離れになった後、今回の小説を機に、時々お菓
子が送られてくるようになりました。
それが何を意味しているのか、意味していたのかは今でも
分かりません。多少、何らかの期待もあったし、夢を壊さな
いためにも、本心は知らずに居ようと・・・。

実話度100%であり、ストーリー性もあるため、小説っぽく
しやすく、サクサク書き上げた記憶があります。
まぁ、事実をなぞっているだけですから、ズルイと言えばズ
ルイのですが。
いずれにせよ彼女は、小説になりそうなネタを運んでくれる
人です。笑いあり、涙あり・・・です。
S228_2

web拍手 by FC2

| |

« [No.577-2]白紙のページ | トップページ | [No.578-1]バチあたりな行動 »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.228:

« [No.577-2]白紙のページ | トップページ | [No.578-1]バチあたりな行動 »