« [No.574-1]転勤を知る | トップページ | [No.575-1]紅葉狩り »

[No.574-2]転勤を知る

No.574-2

「それに、誰にも・・・という割には、しゃべってない?」

これでふたつ。

「そんなことより、びっくりよねぇ~」

私としては目の前の同僚の方が、よほどびっくりだ。

けど、転勤って案外、そんなところがある。
私も似た経験があるからだ。

「私も・・・人づてに転勤を知ったもん」

相手は当然、私は知っているものだと思っていた。

「だから、“えぇぇー!”って、なったもん、お互い」
「でも、そんなこと多いよね」

そう・・・あらためて考えると、そんなことだらけだ。
転勤する本人より、他人の方が先に知ることが多い。

「けどさぁ、ひどい話よね?」
「一応・・・聞くけど、何がひどいの?」
「だってさ、他人から知らされるわけじゃない!」

その原因を作っているのは、一体、誰なんだと・・・。
S574
(No.574完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.574-1]転勤を知る | トップページ | [No.575-1]紅葉狩り »

(023)小説No.551~575」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.574-2]転勤を知る:

« [No.574-1]転勤を知る | トップページ | [No.575-1]紅葉狩り »