« [No.573-1]祝電 | トップページ | ホタル通信 No.226 »

[No.573-2]祝電

No.573-2

「それで印象に残ってるわけね」

色々あったからこそ、逆に信頼関係が生まれた。

「その中でも特に彼女は・・・」

人懐っこくて、誰に対しても分け隔てなかった。

「そっか・・・なら、気合入れて考えなきゃね!」

会社の先輩として、そして夫婦の先輩としても。

「ご結婚おめでとうございます。
 
先輩からのアドバイスです。
夫婦喧嘩をしたら、夫から先にあやまること。
そして妻は許してあげること。
そのあとに、妻もあやまること。
そして夫は最後にもう一度あやまること。
そしたら、もう喧嘩のことは忘れること。
でも、時々思い出して二人で笑うこと」


「へぇ~・・・あなたにしては考えたわね?」

あれから数日間、悩んだ。
そして出した結論がそれだった。

「だろ?」

「でも、私たちみたいなのは気のせいかしら?」
S573
(No.573完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.573-1]祝電 | トップページ | ホタル通信 No.226 »

(023)小説No.551~575」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.573-2]祝電:

« [No.573-1]祝電 | トップページ | ホタル通信 No.226 »