« [No.572-1]ドクターイエロー | トップページ | [No.573-1]祝電 »

[No.572-2]ドクターイエロー

No.572-2

「・・・で、どうなの?」

友人の言いたいことは分かっている。

「それは・・・」

程度に差はあれど、毎日、良いことも悪いこともある。

「宝くじ当たったとか、お金拾ったとか」
「どっちもだよ」
「・・・うそ!!」

(だから、程度に差があるって・・・)

「3000円当たって、10円拾ったけど?」
「・・・び、微妙!」

これくらいなら、何度もある。
ドクターイエローに出会う前から。

「他には、なにかないわけ?」
「彼が・・・できたよ」
「な~んだ・・・えっ!うそぉ!?」

友人の目に黄色い電車が見えたのは気のせいだろうか?

「これは・・・間違いないね!」
「だから、これくらいなら何度もあるって!」
S572_3
(No.572完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.572-1]ドクターイエロー | トップページ | [No.573-1]祝電 »

(023)小説No.551~575」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.572-2]ドクターイエロー:

« [No.572-1]ドクターイエロー | トップページ | [No.573-1]祝電 »