« [No.573-2]祝電 | トップページ | [No.574-1]転勤を知る »

ホタル通信 No.226

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.366 スカーフの謎
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

嘘っぽい、作り物のような話ですが、実話度はそこそこ高め
です。

話の主軸であるスカーフは事実であり、本当にロッカーの中
に入っていました。それに、入れた人に心当たりがあったこ
と、そしてその人が会社を辞めたことも事実です。
事象としては“事実”ですが、“真実”は今でも分かりません。

その人とは結果的に、何もなく終わったのですが、好意をも
たれていたのは知っていました。その当時はまだ恋愛に臆
病と言いますか・・・一歩、踏み出せずにいました。
ただ、ある日、彼女の露骨な態度が、“お局さん”の耳に入
ってからは、彼女に対する風当たりが強くなって行きました。

会社を辞めたのは、それが原因だったかどうかは、分かりま
せん。ですが、そう考えるのが妥当でした。
そして、辞めた日に、スカーフがロッカ-の中に入っていたわ
けです。直感的に・・・彼女の物だと思いました。

スカーフを入れた意味・・・分からない真実を、逆に小説のオ
チにしてみました。きっとこんな意味があったんじゃないかと。
・・・さん、違いますか?
T226

web拍手 by FC2

| |

« [No.573-2]祝電 | トップページ | [No.574-1]転勤を知る »

(109)通信No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.226:

« [No.573-2]祝電 | トップページ | [No.574-1]転勤を知る »