« [No.571-2]予行演習 | トップページ | [No.572-1]ドクターイエロー »

ホタル通信 No.225

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.357 スクールバック
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

実話度はかなり低めです。タイトルであるスクールバックと
ちょっとした会話以外は、全て創作です。

相手の女性は当時、20代前半の人でしたが、やや童顔な
こともありスクールバックが不自然ではありませんでした。
いつもスクールバックを含めて、2つのバックを持ち歩いて
いて、男性の目からすれば「なぜそんなに荷物が?」とい
つも不思議に思っていました。

その不思議が小説の主軸であり、何が入っているのか分
からない状態をコミカルに描いてみました。実際に中身を
ゴソゴソすることはなかったのですが、別に隠そうともして
いなかったのは事実です。

ホタル通信を書くにあたっては、いつも読み直しているの
ですが、今回のオチの部分・・・2つの設定があるというこ
とに今更ながら気付きました。
もちろん、小説を作った当時はそこまで考えていませんで
した。
ひとつ目は、去年あげ損ねたチョコがバックに残っていた
という設定、ふたつ目は今年あげようとしていたチョコをさ
りげなく出したという設定です。

当時は、前者の設定でした。最後のセリフ「・・・って、こと
は・・・」には“腐っている?”“賞味期限が切れている?”
のようなセリフが続きます。
ですが、後者でも通じますよね。それは、さりげなくチョコ
を出された後「・・・って、ことは・・・」には“僕のことが好き
ってこと?”のようなセリフが似合います。

いずれにせよ、いつも重そうに抱えていた記憶があります。
もしかしたら、そこには彼女なりの夢が詰まっていたのか
もしれません。
T225

web拍手 by FC2

| |

« [No.571-2]予行演習 | トップページ | [No.572-1]ドクターイエロー »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.225:

« [No.571-2]予行演習 | トップページ | [No.572-1]ドクターイエロー »