« [No.567-2]雪の壁 | トップページ | [No.568-1]物忘れ »

ホタル通信 No.223

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.364 見えない壁
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

実話度はやや低めです。この小説も当時の心境を綴ったような
タイプの話です。

前半の友人の行動は創作ではなく事実なんですが、冒頭、“当
時の心境”と書いた通り、本当は友人ではなく作者のことなんで
すよ。
もともと冬のホタルは作者を必ずしも牽引役として登場させるわ
けではなく、時には牽引役に対する相手役だったりします。
客観的に物事を語りたい時、少しオブラートに包んだような内容
にしたい時などに、このような手法をとります。

物語の進行は、どちらかと言えば、ダラダラ、クドクド・・・そんな
感じでしょうか?
タイトルである“見えない壁”は、後半を書いているうちに自然と
出てきたキーワードです。オチに相当するラストも、それを軸に
考えてみました。
何度か書かせて頂きましたが、ラストを考えてから書き始めるこ
とはほとんどなく、ぶっちゃけ、成り行き任せです。これを作者は
「登場人物達に任せる」と表現しています。

自分にとっての雑踏は、騒がしい象徴ではなく、寂しさの象徴で
す。人は大勢居るけど、そのつながりは限りなく希薄・・・。
けど、その中で、もがき苦しみ、生きていることを実感しているの
かもしれませんね。
S223

web拍手 by FC2

| |

« [No.567-2]雪の壁 | トップページ | [No.568-1]物忘れ »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.223:

« [No.567-2]雪の壁 | トップページ | [No.568-1]物忘れ »