« [No.565-2]酔った勢いで | トップページ | [No.566-1]継ぎ足し »

ホタル通信 No.222

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.347 遅いメール
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

この小説にある背景については、ほぼ実話です。モデルになる
人も実在し、時々、小説に登場して頂いています。

小説の通り、返事が極端に遅い人です。
それこそ、いつ頃の何のメールに対する返信なのか分からない
ことが、しばしばありました。時にはひとつの話が完結するまで
に数か月掛かることさえありました。
腹が立つというより、そこまで覚えていることがとても不思議で
なりませんでしたね。

そんな状態から生まれたのが、この小説です。
“いつ頃の何のメールに対する返信か分からない”この曖昧さ
を利用して、少し艶っぽく仕上げてみました。
彼女がさも告白したような返信に付け入り、どさくさにまぎれて
告白する・・・これが小説の軸になっています。

ただ、最後まで読んで頂ければ分かるように、彼女は告白した
わけでもなく「私も○○が好きだから、それを買いに行くために
付き合ってください」というのがオチになっています。
ちなみに、○○に相当するものは、特に何も想定していません。
重いと想いを引っ掛けているわけですから、女性ではそれなり
の重量物ということになりますね。

艶っぽく仕上げた・・・と前述しましたが、今でもお互い、良い意
味で中途半端な関係を続けており、艶っぽさも、多少なりとも事
実のひとつなですよ。
T222

web拍手 by FC2

| |

« [No.565-2]酔った勢いで | トップページ | [No.566-1]継ぎ足し »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.222:

« [No.565-2]酔った勢いで | トップページ | [No.566-1]継ぎ足し »