« [No.563-2]勿忘草 | トップページ | [No.564-1]読書の秋 »

ホタル通信 No.221

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.327 京阪電車
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

実話度はほぼ100%です。心情というより、珍しく描写に拘った
作品です。

小説では乗車駅は書いていませんが、どこだと思われますか?
実は、古川橋駅なんですよ。古川橋から乗車し、淀屋橋まで向
かうまでを小説化しています。
・・・ですが、目的はもうひとつあったと言いますか、本当はそれ
を目的に古川橋に行ったのです。

小説の冒頭に「記憶では仕事場に10時ごろ着くと聞いた。それ
を逆算すると、今頃の時間になるだろう」という記載があります。
彼の生活サイクルに合わせて、より疑似体験を濃いものにした
いと考えたのではなく、その時間なら、もしかして逢えるかも・・・
という期待があったからなんです。
彼はちょっとしたモデルのような仕事をしていたのですが、表舞
台でキラキラ・・・というようなものではありませんでした。

そんな彼と音信普通になり、でも逢いたい気持ちは抑えられな
い・・・これが古川橋へと向かった理由なんです。
もしかしたら、彼に逢えるかも・・・そんな想いで、駅に立ち、何
本も電車を見送りました。
小説としては、そんなに気合を入れて作ったわけでもなく、他の
小説よりも特に優れているとも思えません。でも、不思議なこと
に一番多くの拍手を頂いており、なにか共感していただけるもの
があったのかな?・・・と嬉しい限りです。

最後に、当時はもう二度と古川橋に行くことはないだろうと思って
いたのですが・・・「No.505 私に行けと・・・」
T221

web拍手 by FC2

| |

« [No.563-2]勿忘草 | トップページ | [No.564-1]読書の秋 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.221:

« [No.563-2]勿忘草 | トップページ | [No.564-1]読書の秋 »