« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

[No.569-2]土に還る

No.569-2

「・・・土に還る準備?」
「土に・・・かえる?」
「それって、死ぬってこと?」

死ぬことを、そんな言葉で表現することもある。

「そうよ」

普通に考えれば失礼な発言だ。
けど、なぜだか、腹が立たない。

「そうかもしれないね」

今すぐというわけじゃない。
遅かれ早かれ、いずれそうなる日が必ず来る。

「まぁ・・・あと五十年後くらいにして欲しいけど」
「そりゃそうよ」

僕たちは、土から生まれたわけじゃない。
けど、還る場所は、そこだと感じ取っているのかもしれない。

「私も始めようかな・・・」
「家庭菜園?」
「・・・ダメ?」

仲間が増えることは大歓迎だ。

「それなら、色々とノウハウ、教えるよ」
「ありがとう!あなたと一緒に土に還る準備をするね」
「エッ・・・!?」

あの日から、四十年近く経過した。
今日、彼女は土に還った。
S569
(No.569完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.569-1]土に還る

No.569-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「そんな趣味あったの?」
「・・・言ってなかった?」

数年前からベランダで家庭菜園を始めた。

「今年は収穫時期に出張が重なってしまって」

丁度、食べ頃に三週間近く家を留守にした。

「・・・枯れちゃった?」

青々としていた葉は枯れ、実は腐って朽ち果てる手前だった。

「あぁ、夏真っ盛りだったし」

ベランダでは恵みの雨の恩恵は受けられなかった。

「収穫を楽しみにしてたからさぁ・・・」

結果は分かっていたものの、落胆は大きかった。

「けど、意外ね」
「こんなことに一喜一憂するタイプじゃなかったでしょ?」

確かに当たっている。

「そうだな・・・自分でも不思議に思う」

正直、知り合いから勧められて、何となく始めた。

「けど、始めてみたら、なんか落ち着くんだよね」

懐かしいような・・・そんな感覚だった。

(No.569-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.568-2]物忘れ

No.568-2

「そのうち、思い出すパターンよ」
「それもそうね」

別の景色が、記憶を呼び戻してくれるかもしれない。

「それより、楽しみよね」
「・・・何が?」

友人の言葉になぜかピンと来ない。

「何がって・・・あなたが“行こう!”って言い出したんでしょ?」
「今・・・アウトレットに向かってるんでしょ?」

友人の言葉で我に返る。

「そ、そうだった!」
「まさか、それが思い出せなかったこと!?」

さすがにそれじゃない。

「大丈夫よ、ちゃんと向かってるから」
「・・・それならいいけど」

(そう・・・ちゃんと向かって・・・ない?)

「やだ・・・通過しちゃった」
「えっ!?」

本当なら、ついさっきの出口から降りなければならなかった。

「いつものクセで、つい・・・・」
「あの店に行くコースだよね?」

今、思い出した。
S568
(No.568完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.568-1]物忘れ

No.568-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・ん?)

何か胸騒ぎがする。
けど、決して悪いタイプのものじゃない。

「どうしたの?そわそわして」

ハンドルを握る私への注意喚起も含ませた言葉だろう。

「・・・う、うん・・・この景色を見てたら・・・」

高速道路からは見慣れた風景が広がる。

「何かを思い出してきて・・・」
「恋愛関係?」
「知ってるくせに!」

ここに越して来てから、3年が過ぎようとしていた。

「そうだったわね、ごめん、ごめん!」

いまだに恋人は居ない。
だから、ここには恋愛話は存在しない。

「じゃあ、なに?」
「だから・・・それが思い出せなくて」

いわゆる“ここまで出掛かっている”パターンだ。
気持ちが良いものではない。

「なんだっけ・・・な・・・」
「それはそうと、安全運転よろしくね」

確かに運転中だ。
余計なことは考えないほうが良い。

(No.568-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.223

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.364 見えない壁
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

実話度はやや低めです。この小説も当時の心境を綴ったような
タイプの話です。

前半の友人の行動は創作ではなく事実なんですが、冒頭、“当
時の心境”と書いた通り、本当は友人ではなく作者のことなんで
すよ。
もともと冬のホタルは作者を必ずしも牽引役として登場させるわ
けではなく、時には牽引役に対する相手役だったりします。
客観的に物事を語りたい時、少しオブラートに包んだような内容
にしたい時などに、このような手法をとります。

物語の進行は、どちらかと言えば、ダラダラ、クドクド・・・そんな
感じでしょうか?
タイトルである“見えない壁”は、後半を書いているうちに自然と
出てきたキーワードです。オチに相当するラストも、それを軸に
考えてみました。
何度か書かせて頂きましたが、ラストを考えてから書き始めるこ
とはほとんどなく、ぶっちゃけ、成り行き任せです。これを作者は
「登場人物達に任せる」と表現しています。

自分にとっての雑踏は、騒がしい象徴ではなく、寂しさの象徴で
す。人は大勢居るけど、そのつながりは限りなく希薄・・・。
けど、その中で、もがき苦しみ、生きていることを実感しているの
かもしれませんね。
S223

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.567-2]雪の壁

No.567-2

「ある日、物珍しさもあったから、散歩に出掛けたの」

折角なので、普段は通らないような道をあえて選んだ。
それが間違いのもとだった。

「それで迷子に?」
「うん、真っ白な壁に囲まれて方向感覚が麻痺しちゃって」

帰り道を選んだつもりが、見知らぬ場所に出てしまった。
山の手に住んでいたせいか、曲がった道も多かった。
それがいっそう、方向感覚を鈍らせる。

「それでどうなったわけ?」

気付けば、陽も傾きかけていた。

「そしたら、覚えのある匂いがしてきて」

家のすぐ近くに独特の匂いがする焼肉屋があった。

「よく見たら、家の裏手に居たの」

手軽にスマホでナビできる現在ではあまり聞かない話だと思う。

「今でも覚えてる・・・当時のこと」
「それは迷子のこと?それとも匂いのこと?」
「もちろん、両方よ」

焼肉屋での会話だった。
S567
(No.567完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.567-1]雪の壁

No.567-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・ど、どうしよう・・・)

歩道は背丈以上の雪の壁で覆い尽くされている。

「ここ・・・どこだろう・・・」

そんなに遠出をしたつもりはない。
それに少しは通い慣れた道のはずだった。

「それ、夢の話?」
「ちがうわよ、現実の話」

季節柄、雪の話になった。

「つまり、迷子になったってことでしょ?」
「そうよ」

仕事の都合で、5年ほど北海道に住んだことがあった。

「初めて本格的な冬を迎えたとき・・・」

大雪で世界が一変した。
銀世界・・・というより、経験がない真っ白な世界。

「雪が降るとね、街の印象も随分と変わるんだよね」

多少、見慣れてきたはずの建物や道が、別物に見えた。

(No.567-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.566-2]継ぎ足し

No.566-2

「当たり前でしょ」
「こんな、とってつけたような話する時は決まって・・・」

好きな人ができたか、その逆の時だ。
ただ、今回は・・・。

「で、どっちなの?」
「・・・どっちでもない」

今回の例え話をよく理解して欲しいところだ。

「・・・まさか、とは思うけど・・・」

友人が神妙な顔をする。
それに応えるかのように、私も神妙な顔をした。

「えっ・・・本当にそうなの!?」
「う、うん・・・なりゆきでそうなっちゃって」

歯磨き粉の例えと同じだ。
結果的にそうなってしまった。

「でも、最終的には“振る”わけでしょ?」

世間では短期間であっても二股と言うだろう。
でも、私は進んでそうしたわけではない。

「そうね、捨てそこなったものを捨てるだけ」

日常は結構そんなことで溢れている。
S566
(No.566完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.566-1]継ぎ足し

No.566-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
残り少ないのに、無くなりそうで案外無くならない。
日常は結構そんなことで溢れている。

「あるある!そんなこと」
「例えば・・・歯磨き粉なんかもだよね?」
「そうそう!」

チューブから出しにくくなる。
大抵、そんな頃に新しい歯磨き粉を買う。

「無くなったらいやだもんね」

買いだめする習慣はない。
だから、無くなるころ合いを見計らい、新しい物を買う。
ところが・・・。

「案外無くならないよね」
「量が減っても絞りだしたり・・・ああして、こうして・・・」

これからが驚くほど長い。
数日で無くなると見込んだものが気付けば1週間を超え・・・。

「物によっては、それ以上もよくある」

延ばそうと意地になっているつもりはない。
結果的にそうなってしまうだけだ。

「・・・で、ようやく本題でしょ?」

さすが友人だ。
私のことをよく理解している。

(No.566-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.222

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.347 遅いメール
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

この小説にある背景については、ほぼ実話です。モデルになる
人も実在し、時々、小説に登場して頂いています。

小説の通り、返事が極端に遅い人です。
それこそ、いつ頃の何のメールに対する返信なのか分からない
ことが、しばしばありました。時にはひとつの話が完結するまで
に数か月掛かることさえありました。
腹が立つというより、そこまで覚えていることがとても不思議で
なりませんでしたね。

そんな状態から生まれたのが、この小説です。
“いつ頃の何のメールに対する返信か分からない”この曖昧さ
を利用して、少し艶っぽく仕上げてみました。
彼女がさも告白したような返信に付け入り、どさくさにまぎれて
告白する・・・これが小説の軸になっています。

ただ、最後まで読んで頂ければ分かるように、彼女は告白した
わけでもなく「私も○○が好きだから、それを買いに行くために
付き合ってください」というのがオチになっています。
ちなみに、○○に相当するものは、特に何も想定していません。
重いと想いを引っ掛けているわけですから、女性ではそれなり
の重量物ということになりますね。

艶っぽく仕上げた・・・と前述しましたが、今でもお互い、良い意
味で中途半端な関係を続けており、艶っぽさも、多少なりとも事
実のひとつなですよ。
T222

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.565-2]酔った勢いで

No.565-2

飲むと多少、気持ちが大きくなる傾向にあるようだ。
でも、お酒は決して強くない。
お酒に呑まれてしまうタイプだ。

「これ以上、君のイメージを悪くしたくないからね」
「イメージが悪い・・・私に対する?」

話が始まって早々“そんな人”と言われている。

「そんなことしない人に見えてたんだろ?」

酔った勢いを、ワイルド系として片づけてはいけない。
今の時代、一歩間違えはセクハラになる。
いや、それでは済まない。

「確かに、そんなことしない人だと思ってた」
「だろ?」
「けど、落胆したわけじゃないわよ」

落胆?・・・意味がよく分からない。

「なんだよ、それ?」
「いいから・・・そんなことより、飲みなさいよ!」
「だから、飲むのはまずいって!」

次の朝、“落胆じゃない”意味が分かった。
S565
(No.565完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.565-1]酔った勢いで

No.565-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
その言葉は、あまり良い意味では使われないだろう。

「あなたって、そんな人だったの?」

飲み会の席で、隣の同僚と酒にまつわる話をしていた。

「じゃあ・・・どんなイメージだったんだよ?」
「草食系男子と思ってたから」

確かにイメージはよくない。
何も無かったとは言え、寸前まで行ったのは事実だ。

「だから、あくまでも酔った勢いで・・・」

ただ、僕だけでなく彼女も酔っていた。
酔った者同士が、それぞれの勢いで・・・。

「何度も言うようだけど、行ったのは確かだけど」
「二人とも酔い潰れてしまって」

結局、何もないまま朝を迎えた。
・・・とは言え、大いに誤解を招くことにはなった。

「そりゃ、そうでしょ」

それからというもの、お酒は控えめにしている。

「・・・そうみたいね、全然飲んでないみたいだし」

(No.565-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.564-2]読書の秋

No.564-2

「せいじゅうろうも読んでるんよ」
「せいじゅうろうも!?」

思いがけない所から、いつもの展開になってきた。

「自分の本を自分で読む・・・か」

せいじゅうろうはリラックマであり、キャラクターだ。
けど、少なくとも菜緒(なお)前では、そう扱ってはいけない。

「で、どこにいるの?」
「向こうの部屋で読んどるわ」

一応、断った方が良いだろう。

「行っていい?」
「もちろん、ええよ」

すでに仕込みは終わっているようだ。

「本気で読んでるみたいやで」

とにかく、となりの部屋に行ってみた。
すると、どう見ても本を抱えて読んでいるヤツがいた。

「ほんとだ、本気みた・・・い?」

いつものせいじゅうろうとなんか雰囲気が違う。

「読書の秋・・・だからやろ?」
Image
(No.564完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.564-1]読書の秋

No.564-1  [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
珍しく菜緒(なお)が本を読んでいる。

「何、読んでるの?」

その本を覗き込んだ。

「あっ、これな・・・」

返事を貰う前に、どんな本か分かってしまった。
活字はほとんど見当たらない。

「せいじゅうろうの本なんや」

だららん日和・・・まさしく、せいじゅうろうの本だ。
以前、同様の本を見たことがある。

「絵本なんやけど、ええこと書いてるで」

そう・・・それは当っている。
たかが、絵本と侮るなかれだ。

「確かに、グッとくる一言も多いよね」

シンプルで日常的な言葉でしかない。
けど、それが格言めいて聞こえるから不思議だ。

「せいじゅうろうやもん!」

答えになっていないようで、なっている。

(No.564-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.221

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.327 京阪電車
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

実話度はほぼ100%です。心情というより、珍しく描写に拘った
作品です。

小説では乗車駅は書いていませんが、どこだと思われますか?
実は、古川橋駅なんですよ。古川橋から乗車し、淀屋橋まで向
かうまでを小説化しています。
・・・ですが、目的はもうひとつあったと言いますか、本当はそれ
を目的に古川橋に行ったのです。

小説の冒頭に「記憶では仕事場に10時ごろ着くと聞いた。それ
を逆算すると、今頃の時間になるだろう」という記載があります。
彼の生活サイクルに合わせて、より疑似体験を濃いものにした
いと考えたのではなく、その時間なら、もしかして逢えるかも・・・
という期待があったからなんです。
彼はちょっとしたモデルのような仕事をしていたのですが、表舞
台でキラキラ・・・というようなものではありませんでした。

そんな彼と音信普通になり、でも逢いたい気持ちは抑えられな
い・・・これが古川橋へと向かった理由なんです。
もしかしたら、彼に逢えるかも・・・そんな想いで、駅に立ち、何
本も電車を見送りました。
小説としては、そんなに気合を入れて作ったわけでもなく、他の
小説よりも特に優れているとも思えません。でも、不思議なこと
に一番多くの拍手を頂いており、なにか共感していただけるもの
があったのかな?・・・と嬉しい限りです。

最後に、当時はもう二度と古川橋に行くことはないだろうと思って
いたのですが・・・「No.505 私に行けと・・・」
T221

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.563-2]勿忘草

No.563-2

「ごめん、本来は必要ないね」
「・・・ハンドルネームで十分やもんな」

だから、本名なんて名乗る必要がない。

「でも、なんで教えてくれたの?」
「せやね・・・何でやろう?」

少なくとも僕から聞いてはいない。
それに、知りたいとも思わない。

「知らんほうが良かった?」
「ん?いや、そうじゃないんだけど」

知ったところで何かが変わるわけでもない。
けど、知れて良かったかもしれない。

「じゃあ、“奈央ちゃん”でいい?」
「ええよ」

この瞬間、彼女は“綾”から奈央に替わった。

今でも彼女の自己紹介を思い出すことがある。

「今は“南沢奈央さん”の・・・って紹介してるのかな?」

秋晴れの空に、彼女の面影が重なる。
S563
(No.563完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.563-1]勿忘草

No.563-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「奈央・・・ほら、AV女優の」
「・・・あぁ、彼女ね」

知ってる自分が少し照れくさくもあった。
ただ、TVにも出てるから有名人ではある。

「うん、その彼女と同じ名前なんや」
「他に例える人がおらへん」

そうかもしれない。
目の前の奈央と同じ名前の有名人・・・確かに居ない。

「そうだよね・・・・知る限り、居ないな」
「せやろ?」

とにかく、ちょっと変わった自己紹介になった。

「けど、僕にとっては分かりやすかったよ」

聞けば、知らない人も居るから引かれる時もあるらしい。

「それなら普通に、奈良県の“奈”とか中央の“央”とか言えば?」
「なんか面倒やん」
「自分の名前にも面倒もなにもないだろう!?」

とは言ったものの、良く考えてみたら・・・。

(No.563-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.562-2]涙の量

No.562-2

「だったら、その涙・・・どう説明するの?」
「正しくは“涙の跡”になるのかもしれないけど」

彼に別れを告げた後、夜通し泣き続けた。

「それこそ、枯れるまでね」

夜が明ける頃には、もう涙は出なくなっていた。

「でもね、正直に言えば・・・」

枯れたというより、泣き疲れて、どうでも良くなってきた。

「そしたら不思議なことに、どう頑張っても泣けなくなって・・・」
「・・・」

友人の沈黙は、すぐに大笑いに変わった。

「ちょ、ちょっとなにそれ~!」
「そんなに笑わなくていいじゃない!」

本当に涙は出なくなってしまっていたからだ。

「じゃあ・・・後悔は?」
「もちろん、してないわよ」
「涙が枯れた時、そう決意したの」

涙は枯れることはない。
けど、枯れたように見えることはある。
S562
(No.562完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »