« [No.556-1]悲しみは深く | トップページ | ヴィジュアルホタルNo.001 »

[No.556-2]悲しみは深く

No.556-2

「お墓にも行ったんでしょ?」
「うん・・・それが目的だったから、ご家族と一緒にね」

道中に、鮮やかなひまわりを何本か買った。
生前の彼女はまさしく、ひまわりのような人だった。

「とにかく、元気娘だったのよね」

時には失恋に落ち込む私を励ましてくれた。

「それも・・・大阪に来てだよ」
「え、えっ!?わざわざ、札幌から!?」

そんな彼女だったから、なかなか事実を受け入れられなかった。

「けど、花をお供えしたら、急に・・・ね」

墓石に刻まれた友人の名前は、現実そのものだった。

「喜んでると思うよ」
「そうだね、そんな出来事もあったし」
「う、うそ・・・」

目の前の友人の顔が青ざめる。

「だ、大丈夫よ!単にみつばちが一匹、寄ってきただけだから」

忙しそうに、ひまわりや他の花を行き来していた。

「周りのお墓にもたくさん花が供えてあったのに・・・」

まるで、食いしん坊の彼女ならではの行動に見えた。

「・・・それで、ようやく受け入れようと思ったの」
「そうね、彼女もそう願ってるよ」

悲しみは深い・・・けど、故人を想う気持ちよりは浅い。
S556_2
(No.556完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.556-1]悲しみは深く | トップページ | ヴィジュアルホタルNo.001 »

(023)小説No.551~575」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.556-2]悲しみは深く:

« [No.556-1]悲しみは深く | トップページ | ヴィジュアルホタルNo.001 »