« [No.561-2]痕跡 | トップページ | [No.562-1]涙の量 »

ホタル通信 No.220

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.326 心の穴
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性

冒頭にいきなり結論を言っておきます。オチの意味が自分でも
よく分かりません。

実話度は限りなくゼロです。当時の心境を単に小説のタイトル
にしただけなので、内容は全て創作になります。
さて、内容はともかく、冒頭に書いた通り、オチの意味がよく分
かりません。話の流れからすれば、ふさがらない穴を何とかふ
さごうとしているのは間違いないのですが、なぜ「叩いて元に戻
す」ことになったのか謎です。

ホタル通信を書くに当たって、何度も読み直して、思い出そうと
試みましたが、どうしても思い出せませんでした。ならば、なん
とか解釈しようと、あれこれ考えてみました。
おそらく、穴をふさぐことができないなら、穴が開く前に戻せば
いい・・・そのために、彼を叩いて「彼女のことは忘れなさい」つ
まり、目を覚ましなさい・・・ということでしょうか。

ポッカリ空いた心の穴・・・言葉の響きだけで小説を書き始めま
した。実話度ゼロの小説は、単なるキーワードだけで書き始め
ることも多く、この小説もまさしくそうです。
ただ、本当は心に穴があくことになった原因を小説にしようかと
も考えていましたが、書き始めたらどんどん話が別の方向に進
んでしまいました。

冬のホタルは、作者が展開を考えるのではなく、あくまでも登場
人物達が話を作り上げて行きます。
この二人なら、今置かれているシチュエーションなら、などを考
えて結末を考えずに一気に書き上げています。T220

web拍手 by FC2

| |

« [No.561-2]痕跡 | トップページ | [No.562-1]涙の量 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.220:

« [No.561-2]痕跡 | トップページ | [No.562-1]涙の量 »