« [No.559-2]飛行機のプラモデル | トップページ | [No.560-1]季節を先取り »

ホタル通信 No.219

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.338 思い出はセピア色
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:男性

この小説はオチのアイデアを思い付いた後に、話を作って
行きました。

一般的にも“想い出はセピア色” と表現されることはと少な
くないと思います。きっかけは忘れましたが、このフレーズ
を耳にした時、セピア色→単色→データ量が少ないと連想
されました。
「なんでそこに繋がるわけ?」と不思議がられるかもしれま
せんが、エレクトロニクス関係の仕事柄、自分にとってはご
く自然な流れなんですよ。
ちなみにエレクトロニクスと言っても、多少表現はぼやかし
ています。作者の素性は秘密なもので。

オチが決まってますので、あとはどう展開させるか、それだ
けを考えて作り始めました。
そうすると、これも自然に居酒屋、失恋話、そしてややコミ
カルに展開・・・という流れが浮かび、労せず書き上げること
ができました。
何度か書かせて頂いた通り、仕事のお昼休み中の1時間
の中で創作活動していますが、これは30分も掛からなかっ
たと記憶しています。

話は前後しますが、実話度はゼロで、自分でよく言うところ
の“商業的な”作りの小説です。
一般的には、このような話のほうがウケるのだと思います
が、極力そのような小説は避けるようにしています。
T219

web拍手 by FC2

| |

« [No.559-2]飛行機のプラモデル | トップページ | [No.560-1]季節を先取り »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.219:

« [No.559-2]飛行機のプラモデル | トップページ | [No.560-1]季節を先取り »