« [No.555-2]少し照れながら | トップページ | [No.556-1]悲しみは深く »

ホタル通信 No.217

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.355 福山さん
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

タイトルの福山さんとは、ズバリ“福山雅治さん”のことなん
ですが、実は・・・。

細かな所を除けば全般的な雰囲気は事実です。二枚目俳
優の名をあげられて“負けた”と、若き日頃、思ったことがあ
ります。
その“負けた”理由は小説の通りで、自分より随分と年上で
であったことだけではなく、年齢に見合った貫禄・・・簡単に
言えば、大人の魅力とでもいいましょうか、それがあったか
らなんです。

話を冒頭に戻すと、その負けた相手は本当は福山雅治さん
ではなく、とある俳優さんです。今は、見掛けることもなくな
ったのですが、当時は自分にして見れば、大人の男性その
ものでした。
別に彼女が、当てつけのつもりで口にしたとは思っていない
のですが、それを素直に受け入れられないのも若さの特権
だと思っています。

ですから、今でもその俳優さんの話題が出たりすると、昔の
ことを思い出します。勝った、負けたの感情はさすがに持ち
合わせていませんが、どこかでまだ拘っている部分がない
とは、自信を持って言えません。
小説のラストは、それなtりのオチを付けてみました。これは
さすがに事実ではありませんので。
T217

web拍手 by FC2

| |

« [No.555-2]少し照れながら | トップページ | [No.556-1]悲しみは深く »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.217:

« [No.555-2]少し照れながら | トップページ | [No.556-1]悲しみは深く »