« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

[No.562-1]涙の量

No.562-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
悲しいのに、もう涙が出てこない。
これを人は“涙が枯れ果てた”と表現するのだろうか・・・。

「・・・みたいだね」
「分かる?」
「トボケルのが難しいくらいよ」

やはり腫れぼったいまぶたは、口以上に物を言う。

「涙が止まらなかったな・・・」

大恋愛の末の、大失恋だった。
その分、反動は大きかった。

「でも、よく決断できたわね?」

別れる原因は、彼の浮気だった。
だから、私が許せば別れるまでには至らなかっただろう。
彼もそう望んでいた・・・虫のいい話だけど。

「きっとあなたのことだから、てっきり許すのかと・・・」
「そうね・・・その点は自分でも驚いている」

何度も許そうと考えた。
でも、それができなかった。

「一度くらいなら、目をつぶってあげても良かったのに」
「・・・そう考える余裕もなかったのよ」

それこそ潮が引くように、一気に冷めてしまった。
そうなると、もう止めることができない。

(No.562-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.220

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.326 心の穴
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性

冒頭にいきなり結論を言っておきます。オチの意味が自分でも
よく分かりません。

実話度は限りなくゼロです。当時の心境を単に小説のタイトル
にしただけなので、内容は全て創作になります。
さて、内容はともかく、冒頭に書いた通り、オチの意味がよく分
かりません。話の流れからすれば、ふさがらない穴を何とかふ
さごうとしているのは間違いないのですが、なぜ「叩いて元に戻
す」ことになったのか謎です。

ホタル通信を書くに当たって、何度も読み直して、思い出そうと
試みましたが、どうしても思い出せませんでした。ならば、なん
とか解釈しようと、あれこれ考えてみました。
おそらく、穴をふさぐことができないなら、穴が開く前に戻せば
いい・・・そのために、彼を叩いて「彼女のことは忘れなさい」つ
まり、目を覚ましなさい・・・ということでしょうか。

ポッカリ空いた心の穴・・・言葉の響きだけで小説を書き始めま
した。実話度ゼロの小説は、単なるキーワードだけで書き始め
ることも多く、この小説もまさしくそうです。
ただ、本当は心に穴があくことになった原因を小説にしようかと
も考えていましたが、書き始めたらどんどん話が別の方向に進
んでしまいました。

冬のホタルは、作者が展開を考えるのではなく、あくまでも登場
人物達が話を作り上げて行きます。
この二人なら、今置かれているシチュエーションなら、などを考
えて結末を考えずに一気に書き上げています。T220

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.561-2]痕跡

No.561-2

彼女との関係は決して健全なものとは言えなかった。
不倫と重なる部分もある。

僕との付き合いは相当慎重に対応してくれた彼女だった。
日頃からメールはもちろん、全ての痕跡を残さなかった。

「・・・少しでも残っていたら」

いつかばれる日が来る。
そして、そこから修羅場へと発展していたのかもしれない。

「そうなる前に・・・だろ?」

それにずっと気が付くことができなかった。
彼女は自ら身を引いたんだ。
これは僕が都合良く考えた結果じゃない。
その痕跡を見つけたからだ。

「でも・・・本気だったんだぞ」

最悪の自体も考えた。
一度はそれを受け入れようともした。

(心の中の痕跡は、消し忘れてるぞ・・・)

けど、それももう消すことにした。
S561
(No.561完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.561-1]痕跡

No.561-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは、不倫をテーマにしたドラマだ。
何度が見ているうちに、ある過去のことが気になり始めた。

「だから理由は何なんだよ!?」
「ちゃんと聞かせろよ!」

電話が繋がらないばかりか、メールの返信さえない。
もはや口げんかも成立しなくなっていた。

「なんとか言えよ!」

もう・・・どうなってもいい。
後先を考えなくなっている自分が居る。

「ごめん、でも・・・さようなら」

数分後に、メールが返ってきた。

「だから、なんで・・・」

こうメールを打ち返そうとした。
でも、なぜか手が止まった。

そして、これが文字通り、別れの言葉になった。

(No.561-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.560-2]季節を先取り

No.560-2

「まだ、誰もこんなファッションしてないでしょ?」

“あえてしてないの!”と、突っ込みたくなる気持ちを抑えた。

「そうね」
「やっぱり、季節を先取りしなきゃね!」

(だから、ついさっきも聞いたって・・・)

「はいはい・・・これからも季節を・・・ん?」
「・・・どうかしたの?」

彼女よりも、季節を先取りしている人に気付いた。

「私よりも先に・・・?」
「どう見ても、こんな格好している人、居ないでしょ?」

確かに居ない・・・何度も言えば“あえて”いない。

「確かにあなたより、前だったわよ」
「ど、どこによ!」

本当は人じゃない。

「そこよ、そこ!」

友人の肩に、とまっている赤とんぼを指差した。
まるで、“私の方が先だったわよ!”と主張しているかのようだった。
S560
(No.560完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.560-1]季節を先取り

No.560-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、ねぇ!・・・これ、どぉ?」

(また、始まった・・・)

年に数回、正確に言えば4回、その言葉を聞く羽目になる。

「いいんじゃない?」

私の返答もいつもどおりだ。
イチイチ、反応するのさえ、面倒になってきた。

「でしょ~!」
「やっぱり、季節を先取りしなきゃね!」

とは言うものの、かなり無理をしているように見える。

「暑くないの?」
「ファッションリーダーとしては、全然!」

その言葉とは裏腹に、額の汗が正直なところだろう。

「・・・なら、いいけど」

暦の上では秋でも、現実はそれとは程遠い。

「女子たるもの、季節に敏感じゃなきゃね!」

ファッションにうるさい友人は、誰よりも早く衣替えをする。

(No.560-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.219

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.338 思い出はセピア色
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:男性

この小説はオチのアイデアを思い付いた後に、話を作って
行きました。

一般的にも“想い出はセピア色” と表現されることはと少な
くないと思います。きっかけは忘れましたが、このフレーズ
を耳にした時、セピア色→単色→データ量が少ないと連想
されました。
「なんでそこに繋がるわけ?」と不思議がられるかもしれま
せんが、エレクトロニクス関係の仕事柄、自分にとってはご
く自然な流れなんですよ。
ちなみにエレクトロニクスと言っても、多少表現はぼやかし
ています。作者の素性は秘密なもので。

オチが決まってますので、あとはどう展開させるか、それだ
けを考えて作り始めました。
そうすると、これも自然に居酒屋、失恋話、そしてややコミ
カルに展開・・・という流れが浮かび、労せず書き上げること
ができました。
何度か書かせて頂いた通り、仕事のお昼休み中の1時間
の中で創作活動していますが、これは30分も掛からなかっ
たと記憶しています。

話は前後しますが、実話度はゼロで、自分でよく言うところ
の“商業的な”作りの小説です。
一般的には、このような話のほうがウケるのだと思います
が、極力そのような小説は避けるようにしています。
T219

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.559-2]飛行機のプラモデル

No.559-2

「子供心には嬉しいものよね?」
「でも、主婦的にはどうかな・・・って」

実用的なものを期待していたのかもしれない。
食料品とか衣料品とか・・・。

「そう考えると・・・」

僕とは裏腹に、さほど嬉しくなかったのかもしれない。
そんな風に見えなくもなかった。

「そうなのかな?」

もともとそんなタイプの母ではなかった。
決して、冷たいわけじゃないが。

「だから、覚えてるのかもしれない、今でも」

自分の中では、良い記憶ではない。
むしろ、悪い記憶として残っている。

「やったぁ~!3等だって!」

昨日、例の話をした矢先だった。

「何にしようかな・・・」

いくつかの商品の中から、ひとつ選ぶことになった。

「これでいいよね?」

食料品でも衣料品でもなく、妻はプラモデルを選んだ。S559
(No.559完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.559-1]飛行機のプラモデル

No.559-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
今で言う、“サプライズ”だった。

「そんなレベルだったの!?」
「もちろんだよ」

記憶では、小学校の低学年の頃だったと思う。
学校から帰ると、飛行機のプラモデルが置いてあった。

「えっ!・・・っていう感じだったよ」

2歳になった弟では到底作れない。

「僕の・・・とは思ったんだけど」

あまりにも非日常な出来事だった。
だから、誰か他人へのプレゼントかもしれないとも考えた。

「母親に聞くのが怖かったくらいだよ」

もし、後者だったら・・・。

「・・・それで?」
「そしたら、それを察してか、先に言われた」
「くじ引きで当たったって」

それはそれは嬉しかった。
特にプラモデルや飛行機が好きだったわけじゃない。
理由はともかく、与えてもらったことが嬉しかった。

「買ってもらうこと・・・あまりなかったしな」

オレンジ色の機体を今でもおぼろげながら覚えている。

(No.559-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.558-2]壊れたおもちゃ

No.558-2

「正しくは、伸ばしたけど、止めたの・・・」

前と同じように木の上で、一生を終わらせようと一度は考えた。

「・・・どうして?」
「今になって“気持ち悪い!”ってことないでしょ?」

もちろん、ちゃんとした理由がそこにある。

「鳴き始めたの・・・」
「・・・そのセミが?」

ただ、例の大合唱には程遠い、か細い鳴き声だった。

「鳴いているというより、何だろう・・・壊れたおもちゃみたい」
「壊れたおもちゃ?」

鳴き声が途切れたり、大きくなったり小さくなったり・・・。
調子の悪いおもちゃのようだった。

「それこそ、もう電池が切れそうで」

命の火が消えて行くのが見えた。
あれだけ、騒がしい連中だからこそ、そのギャップは大きい。

「電池・・・か・・・子供ならそう言いそうね」
「最後に、鳴き声を披露しに来たのかもしれない」
 
私が見守る中、懸命に生きたセミの電池は切れてしまった。
S558
(No.558完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.558-1]壊れたおもちゃ

No.558-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
ここに引っ越して来てから二度目になる。
今後、夏の風物詩になっていくのかもしれない。

「・・・だろうね」

思った通り、逃げる気配はまるでない。
逃げようにも逃げられないと行った様子だった。

「前にもその話、聞いたよね?」
「うん、話したよ」

本来は感動的な話として終わるはずだった。
それが、女子らしくない私の行動が先に立ってしまった。

「今回もまた、アレなの?」
「ううん、ちょっと違う」

お互い“アレ”で通じているのが面白い。

「元気がないのは同じなんだけど・・・」

エレベーターホールの壁に、セミがとまっていた。
近づいても逃げる気配はない。
手を伸ばせば届く距離だった。

「それだけで、息も絶え絶えと分かったわ」

もちろん、捕まえるのはたやすい。
でも、前のように手は伸ばさなかった。

(No.558-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.218

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.346 パッセージ 
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性

稀に作ることがある“歌詞を小説風”にアレンジした作品で
す。その歌詞とはタイトル通り、工藤静香さんのファースト
アルバム「ミステリアス」に収録されている一曲です。

当ブログの主旨から言えば、実話度はゼロなんですが、実
在する歌詞という面から考えると、ゼロというには少し違和
感があるのかもしれませんね。
冒頭に書いた“歌詞を小説風にアレンジした作品”には共
有するものがあって「もともと歌詞にストーリー性」があって
「そこに時間の経過が感じられる」ものを選んでいます。
ただ、選ぶと言っても、書くためにわざわざ選ぶことはなく、
たまたま出会った歌詞に「これは!?」と感じたものを小説
化しています。

話を続ければ、時間の経過は現在、過去、未来の大きなも
のから、今この瞬間の小さなものまで様々です。
例えばホタル通信No.186で紹介した「小説No.213 ORION
のように、時間をさかのぼる・・・ようなものも時間の経過と
して捉えています。
これも歌詞を題材にしていますが、パッセージのように全編
にわたるようなものは、後にも先にもこれしかありません。

小説のラストは、歌詞にないシーンを追加しています。
ラストシーンを現在とするならば、過去の過去、過去、そして
現在(ラストシーン)のような時間経過があります。現在の彼
の姿に、元カレの姿を重ね合わせながら・・・。
T218

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.557-2]うつむき加減

No.557-2

「そりゃ、俺だって“気がある”とは思ってないけど」

それでも、少しは意識している証拠だ。
少なくとも男性として見られているのだろう。

「それって、恋愛対象ってこと?」
「まぁ・・・そうなるか・・・な」

とは言うものの、別にどうこうしようという気持ちはない。
朝のひと時を楽しんでいる。
そんなことのひとつもなければ、会社に足が向かない。

「そうなるかな・・・って、なにさ?」
「じゃぁ、女子として意見聞かせろよ」

女子高生とまだそんなに歳は変わらない。

「そ、それは・・・」
「だろ・・・素直に認めれば?」

勘違いなら、それでもいい。
それに、勘違いだった時の“ショック”は自分の中で織り込み済だ。

「・・・じゃぁ、本当にいいのね?意見して」

さっきまでとはうってかわって、すごんできた。

「い、いや・・・そうだな・・・」
「どうするの!!」

迫力に負けて、丁重に意見を断った。
もう少し、夢心地でいたいがために。
S557
(No.557完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.557-1]うつむき加減

No.557-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「それって勘違いも甚だしくない?」
「そ、そうかな~」

自転車通勤している時の出来事だ。
会社に着くまでに、数多くの人とすれ違う。
でも、一部の人は決まった顔だ。

「そうに決まってるでしょ・・・」
「けど、朝、会う度に下を向くんだよ」

視線を外すくらいなら、軽く横を向けばいい。
明らかに、照れながら下を向いている。

「すれ違い程度で、よくそこまで分かるわね!?」
「まぁ、それは言い過ぎかもしれないけど」

それに、髪の毛を少し直す仕草もする。

「少しでも、良い所を見せたい・・・のかなって」

ついでに言えば、ひとりだけじゃない。

「・・・だけじゃない?」
「あぁ、三人ほどそんな人がいる」

いずれも、女子高生だ。

「あなた何かした?」
「おいおい!」

認めたくない気持ちわかるが、事実は事実だ。
嘘じゃない。

(No.557-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィジュアルホタルNo.001

オリジナル「小説No.002 非常階段のシンデレラ

記念すべき第1回目は「非常階段のシンデレラ」を取り上げました。
「冬のホタル」の原点とも言える作品で、ブログを始めるずっと前か
ら、タイトルと言いますかこのフレーズが頭から離れませんでした。

映像や効果音を付けてみると、それなりに仕上がるものですね。
冬のホタルは、情景描写を省略していますから、それをカバーして
くれています。
それでは、第1回目の記念作品をどうぞ、Youtubeへリンクします。
                                           
ヴィジュアルホタル「小説No.002 非常階段のシンデレラ

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.556-2]悲しみは深く

No.556-2

「お墓にも行ったんでしょ?」
「うん・・・それが目的だったから、ご家族と一緒にね」

道中に、鮮やかなひまわりを何本か買った。
生前の彼女はまさしく、ひまわりのような人だった。

「とにかく、元気娘だったのよね」

時には失恋に落ち込む私を励ましてくれた。

「それも・・・大阪に来てだよ」
「え、えっ!?わざわざ、札幌から!?」

そんな彼女だったから、なかなか事実を受け入れられなかった。

「けど、花をお供えしたら、急に・・・ね」

墓石に刻まれた友人の名前は、現実そのものだった。

「喜んでると思うよ」
「そうだね、そんな出来事もあったし」
「う、うそ・・・」

目の前の友人の顔が青ざめる。

「だ、大丈夫よ!単にみつばちが一匹、寄ってきただけだから」

忙しそうに、ひまわりや他の花を行き来していた。

「周りのお墓にもたくさん花が供えてあったのに・・・」

まるで、食いしん坊の彼女ならではの行動に見えた。

「・・・それで、ようやく受け入れようと思ったの」
「そうね、彼女もそう願ってるよ」

悲しみは深い・・・けど、故人を想う気持ちよりは浅い。
S556_2
(No.556完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.556-1]悲しみは深く

No.556-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
数か月前にも、この地に降り立った。
深い悲しみと共に・・・。

「ふぅ~」

なぜだか深呼吸したくなった。
それから空港を後にして、粛々と目的地に向かった。

「どうだった?」
「なんだか妙な気分だったね」

連休を利用して、札幌を訪れた。

「この前は何も見えなかったし」

ただただ友人の家に向かうだけで、精一杯だった。

「そうだろうね
「今回は、彼女が見てきた景色を私も感じてきたわ」

観光ではない。
あくまでも日常を見て、感じてきた。

「いい街ね」
「そうでしょ!私もそう思う」
「まぁ、あなたの場合は“食”に関してだと思うけど」

友人が“バレた!”のような顔をしている。

「でも、北海道にしてみれば少し暑かったかな・・・」
「そう言えば、こっちとあまり変わらなかったもんね」

猛暑は北国にまで及んでいた。

「この前の雪景色とは対照的だったわ」

妙な気分になったのは、それもあったからなのかもしれない。

(No.556-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.217

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.355 福山さん
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

タイトルの福山さんとは、ズバリ“福山雅治さん”のことなん
ですが、実は・・・。

細かな所を除けば全般的な雰囲気は事実です。二枚目俳
優の名をあげられて“負けた”と、若き日頃、思ったことがあ
ります。
その“負けた”理由は小説の通りで、自分より随分と年上で
であったことだけではなく、年齢に見合った貫禄・・・簡単に
言えば、大人の魅力とでもいいましょうか、それがあったか
らなんです。

話を冒頭に戻すと、その負けた相手は本当は福山雅治さん
ではなく、とある俳優さんです。今は、見掛けることもなくな
ったのですが、当時は自分にして見れば、大人の男性その
ものでした。
別に彼女が、当てつけのつもりで口にしたとは思っていない
のですが、それを素直に受け入れられないのも若さの特権
だと思っています。

ですから、今でもその俳優さんの話題が出たりすると、昔の
ことを思い出します。勝った、負けたの感情はさすがに持ち
合わせていませんが、どこかでまだ拘っている部分がない
とは、自信を持って言えません。
小説のラストは、それなtりのオチを付けてみました。これは
さすがに事実ではありませんので。
T217

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.555-2]少し照れながら

No.555-2

「えっ?」

体調不良ではないことは明白だ。

「なかなか思うようなものが・・・」

そう言うと、目線を下の方に移した。

「なるほど・・・その花と格闘していたわけですね」

花と言っても、名のある花のようには見えない。
恐らく雑草だと思う。

「道路脇の一輪の花に魅せられてしまって」

確かに雑草だからこその、妙な力強さ感じる。

「でも、小さい花なのに、よく気付きましたよね?」
「だって、ほら、それが目的なので」

そう言うと手に持っていたそれを、軽く私に向けた。

「・・・ですよね」
「あっ!そうだ、初対面でなんですが・・・」

そうこうしている内に、今度は私がしゃがみ込むはめになった。

「こ、こんな感じでいいですか?」

少し照れながらも、その一輪の花にそっと手を触れた。
S555
(No.555完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.555-1]少し照れながら

No.555-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・あれ?)

視線の先に、歩道でうずくまっている人がいる。

「ちょっと大丈夫ですか!?」

声を掛けたみたが返事はない。
相変わらず、うずくまっているままだ。

(ヤバイかも・・・)

急いで駆け寄った。

「大丈夫ですか!?気分でも、わる・・・」

しゃべり終わる前に、その人がこちらに振り向いた。

「あ、いや・・・そうだったんですね」

うずくまっている理由は、格好を見ればすぐに理解できた。
正しくは“しゃがみ込んでいた”ということになるが。

「いつも声を掛けられてしまって」
「すみません・・・早とちりしたみたいで」
「ううん、こちらこそ、ごめんなさいね」

聞けば、いつも声を掛けられるらしい。

「まぁ、歩道でしゃがみ込んでたら当然ですよね」
「でも、大事じゃなくて良かったです」
「それが・・・そうとも言えなくて」

(No.555-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »