« [No.551-2]憧れの麦茶 | トップページ | [No.552-1]最初の一日 »

ホタル通信 No.215

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.302 早すぎたメール
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

ほぼ100%と言っても過言ではないくらいな話です。それに
お互いのセリフや行動もリアルに再現させています。

あの時の自分は、言葉の意味こそ違えども、振り上げた拳
を下ろすことができない状態でした。
急なメールに困惑したような感じに見受けられますが、実際
は、意気揚々とハンドルを握っていた中での電話でしたから
その落胆ぶりは半端なものではありませんでした。

小説では書いていませんが、電話を切った後、すぐに自宅
へ引き返したわけではなく、そのまましばらく車を走らせ、
気付けば彼女の家の近くまで来ていました。
この行動こそが意味こそ違えども“振り上げた拳を下ろすこ
とができなかった”ことなんです。
今までもあの時の生々しさを覚えています。言ってしまえば
そうなることは分かっていた・・・そして本当にその通りになっ
てしまいました。

その結果は小説の通りです。
その夜、さすがに気になって、メールや電話をしてみました
が、彼女と通じることは出来ませんでした。
その後「メールも電話ももうしません」と一通のメールが届き
全てが終わりました。
・・・でも、数ヵ月後に「No.25 受信フォルダ8」へと話が展開し
て行くのです。

web拍手 by FC2

| |

« [No.551-2]憧れの麦茶 | トップページ | [No.552-1]最初の一日 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.215:

« [No.551-2]憧れの麦茶 | トップページ | [No.552-1]最初の一日 »