« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

[No.554-2]似合いの帽子とシャツ

No.554-2

「・・・で、ジャーン!」

ご当地はご当地でも、珍しいご当地リラックマを手に入れた。

「せやね」

(・・・ん?)

思ったほどのリアクションが返って来ない。

「いや、ほら、その・・・これだよ?」
「分かってるって」
「そ、そうなんだ・・・」

今回、手に入れたのは、広島カープバージョンだ。
赤い帽子と白いシャツがまぶしい。

「珍しくない?」

少なくとも駅の売店で阪神や巨人バージョンを見たことはない。
大阪も東京も、駅の売店はくまなく探したつもりだ。

「確かに見たことないバージョンやけど」
「普通やろ?」
「そ、そうかな・・・」

意気揚々と帰ってきただけに、肩透かしもいいとこだ。

「ま、まぁ、い、いんパクトは薄いかもしれないけ、け、ど・・・」

言葉もままにならない。

「せやかて、帽子にシャツって普通のファッションやろ」

この後、菜緒(なお)が野球オンチだということにようやく気付いた。S554_2
(No.554完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.554-1]似合いの帽子とシャツ

No.554-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
機会があり、再び仕事で全国を飛び回ることになった。
そうなると、仕事とは別にある楽しみが生まれる。

「疲れたやろ?」

菜緒(なお)に逢うのも久しぶりだ。

「想像以上にハードスケジュールだったよ」

・・・とか何とか言いながらも早くあることを報告したい。

「せやろ?うちもそう思たんや、それにな・・・」

珍しく、仕事の話に食い付いてくる。

「まぁ、そうなんだけど、それでさぁ・・・」
「暑かったやろ?」
「う、うん・・・そりゃ一番暑い時期だったし」

話したいことがある時に限って、なかなか話が終わらない。

「それより、アレだよ、アレ!」

話題を変えるために、強引に言葉をねじ込んだ。

「・・・アレって、なに?」

とりあえず、話の流れを変えることはできた。

「ほら、仕事で全国を・・・と、言ったら?」
「・・・もしかして、ご当地せいじゅうろう!?」

例のごとく、空港や駅でお土産を物色する日々でもあった。

(No.554-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.216

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.315 三行小説
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

女同士の会話は全て創作ですが、三行小説そのものにつ
いては、100%事実になります。

当時付き合っていた人の影響で、赤川次郎さんの小説を
読むようになり、冗談半分で彼の誕生日にメッセージと共
に、三行小説を贈りました。
小説にも書いた通り、覚えているというより、忘れるほどの
量ではないため、ずっと記憶に残っていました。

この小説上では、大昔に一度だけ書いたことがあり、これ
が今、つまり“冬のホタル”に繋がっているような書き方を
しています。
・・・ですが、他の小説を絡めて見てみると、一番最初の小
説は「No.535 インスタン島」が、初作品ということになりま
す。文章とか絵とかに関して、才能があったわけではない
のですが、人とは違う感性があり、その点については昔か
ら先生にほめられていました。

今でも、小説と呼べるほどの作品は作っていませんが「無
理矢理でもいいから人と違うことをする」という、心意気だけ
は変わっていないのかもしれませんね。
逆に、あまり影響を受けないように、人様の小説を読むこと
は無くなりました。
従って、小説のイロハを知らずに書いています。ですから、
あくまでも“小説風”なんですよ。

最後に、小説では「もうすぐ3年になるね」と書いてあります
が、現在は今年の2月でまる5年が経過しています。
T216

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.553-2]森のにおい

No.553-2

「まぁ、その気になったら、確かに」

なにか他の匂いに例えたくとも、代わりを思い付かない。
ただ、街中で吸う空気とは明らかに違う。

「木だけじゃなくて、“森”全体の匂いだと思うんだ」

だからこそ複雑で、代わりが見つからない。

「川や動物までも含めて?」
「そうだね、森が呼吸している匂いかもしれない」
「粋なこと言うわね」

なにもないパーキングエリアでしばし、匂い談義が始まった。
気付けば、周辺に居る人たちも、大きく深呼吸している。

「あなたのいうこと、まんざらでもなさそうね」

皆、なにか充実したような顔で車に戻っている。

「だろ?僕も十分、リフレッシュできたよ」
「じゃ、あと2時間、運転ヨロシクね!」

家に到着するには、まだまだ時間が掛かる。

「次のパーキングでご飯でも食べてく?」

幸い、次の休憩場所では、食事もとれる。

「ううん・・・もうお腹いっぱい」
S553
(No.553完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.553-1]森のにおい

No.553-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
休憩のために、高速道路のパーキングエリアに立ち寄った。

「・・・あれ?」
「どうしたの・・・何かみつけでもしたの?」

パーキングエリアと言っても、悪い意味でその通りの場所だ。
トイレに加えて、辛うじて自動販売機が1台置いてある。

「いや、そうじゃなくて」

なにか見つけるのが難しいくらい何もない。

「ほら・・・匂わないか?」
「別に美味しそうな匂いはしないけど・・・」

するはずもない、こんな場所だから。
でも、ある意味そうとも言えない。

「森の匂いが」

少し湿った感があるが、単に湿気ているわけではない。
なんともみずみずしい清涼感がある。

「これって、森の匂いなの?」

かつて祖父母は山の中腹あたりに住んでいた。
そこの場所と同じ匂いがする。

「どうかは分からないけど、自分はそう思っている」

いつしか、この匂いを森の匂いと決め付けていた。

(No.553-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.552-2]最初の一日

No.552-2

(さて・・・聞くべきなんだろうか)

さすがに5年も通えば、常連と自負してもいいだろう。
けど、プライベートまで踏み込むには勇気が必要だ。
特に相手が女性ともなれば・・・。

「これから、どうされるんですか?」

自分でも驚くほど気が利いた質問だった。
ある意味、どうとでもとれる。

「そんなんじゃありませんよ」

彼女がクスッと笑いながら、答えてくれた。

「いや、その・・・違うんです!」

抽象的な会話をしてるはずなのに、考えていることは同じだ。
今度はふたりしてクスッと笑った。

「でも、寂しくなりますね」

会話こそなかったが、見えない糸で繋がっていたような気がする。

「寂しい?・・・私はそうは思わないけど」
「・・・え、えぇっ!?」

決めセリフのつもりが、とんだピエロになってしまった。
現実は、そうドラマのようには行かない。

「だって、ここの店が最後なだけであって」
S552
(No.552完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.552-1]最初の一日

No.552-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「今日で最後なんです・・・」

声を掛けられて、あることに気付いた。
でもあえてそれを口にしなかった。

「えっ!」
「今までありがとうございました」

別にお礼を言われるほど特別な貢献をしたわけではない。

「あっ・・・いいえ、僕はそんな・・・」

僕は単なる客のひとりに過ぎない。
ただ、少なくとも月1回、そして5年間・・・この店に通ってきた。
いくつかある店舗の中でも、あえてここを選んでいた。

「最後にお会いできて良かったです」
「すごい偶然ですよね」

偶然いう言葉は、この瞬間のためにあったように思えた。
いや・・・偶然以上かもしれない。

「そう言えば、こうやってお話するの、初めてですよね?」

見透かされたのだろうか・・・先に彼女から言われた。

「そうなんですよね」

5年間通っても注文する時以外、会話をしたことがなかった。
つまりこれが、最初で最後の会話になる。

(No.552-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.215

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.302 早すぎたメール
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

ほぼ100%と言っても過言ではないくらいな話です。それに
お互いのセリフや行動もリアルに再現させています。

あの時の自分は、言葉の意味こそ違えども、振り上げた拳
を下ろすことができない状態でした。
急なメールに困惑したような感じに見受けられますが、実際
は、意気揚々とハンドルを握っていた中での電話でしたから
その落胆ぶりは半端なものではありませんでした。

小説では書いていませんが、電話を切った後、すぐに自宅
へ引き返したわけではなく、そのまましばらく車を走らせ、
気付けば彼女の家の近くまで来ていました。
この行動こそが意味こそ違えども“振り上げた拳を下ろすこ
とができなかった”ことなんです。
今までもあの時の生々しさを覚えています。言ってしまえば
そうなることは分かっていた・・・そして本当にその通りになっ
てしまいました。

その結果は小説の通りです。
その夜、さすがに気になって、メールや電話をしてみました
が、彼女と通じることは出来ませんでした。
その後「メールも電話ももうしません」と一通のメールが届き
全てが終わりました。
・・・でも、数ヵ月後に「No.25 受信フォルダ8」へと話が展開し
て行くのです。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.551-2]憧れの麦茶

No.551-2

「・・・恥ずかしい?」

周りのみんなは、麦茶だった。

「うん・・・自分だけ違うし、それに」

玄米茶に対して年寄り臭い印象を持っていた。

「変な言い方だけど、妙にお茶っぽいし・・・」
「少し、酸味があるような味だし」

一方、麦茶は玄米茶ほどお茶っぽくないし、甘さを感じる。
友達の麦茶を飲ませてもらって、その差に気付いた。

「でも、分かる気がする」
「子供の頃って、そういうこと気にするもんね」

「だから、ある意味、麦茶に憧れてて・・・当時」

それを母親に言うこともなかったから、ずっと玄米茶で育った。

「そうなると・・・この流れからすれば中身は麦茶?」
「残念でした!」
「今になって、その良さに気付いたの」

麦茶よりもサッパリしているし後味も良い。

「中身は玄米茶よ」
「・・・恥ずかしくない?」
「当たり前でしょ!」

今週末はマイボトルと共に、母が待つ霊園を訪れる予定だ。S551
(No.551完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.551-1]憧れの麦茶

No.551-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ん?・・・マイボトル、始めたんだ?」
「うん、影響されちゃって」

職場ではいつの間にか、マイボトル率が高くなっていた。

「私って、いつも乗り遅れるんだよね」

携帯電話も持つのが遅かった。
けど、流行に鈍感というわけではない。
必要性を感じなければ、あえて流行に乗ろうとも思わない性格だ。

「で、使ってみてどう?」
「そうね・・・この季節、やっぱりありがたいわね」

どうせのどを潤すなら、冷たいほうがいい。

「ちなみに中身はなに?」
「中身?普通に、お茶だけど」
「そうじゃなくて、お茶の種類を聞いてるの」
「・・・あれ?」

以前もこんな会話をしたことを思い出した。
それも相当前に。

「なに?」
「ごめん、小学生の頃に似たような会話をしたことがあって」

当時も今と同じように、お茶の種類に話が及んだ。

「当時、我が家は玄米茶だったの」

それが、なぜだか恥ずかしかった。

(No.551-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.550-2]下流のごみ

No.550-2

「ただ、川を眺めながら歩いてるだけよ」

お世辞にも清流とは言い難い川でも、生き物であふれている。

「鳥とか、カメとか、得体の知れない大きな魚とか」
「得体のしれない!?」

特に夏場は生き物でにぎわっている。

「それと、ついでにゴミもね」

下流になればなるほど、ゴミが多い。

「そりゃそうでしょ、上流から流れてくるんだから」

いつものルートなら、さほどゴミを見掛けることはない。

「二駅前から歩くようになって気付いたんだ」

言いようのない、虚しさを覚えた。

「そんなにエコを気にするタイプだっけ?」
「ううん・・・そうじゃないけど」

例え目の前でゴミを捨てたとしても、数分もすれば視界から消える。

「そんなことでいいのかな?って思うんだ」

物思いにふける季節ではない。
けど、にぎやかな季節ほど、少し考えたくなるときがある。
S550
(No.550完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.550-1]下流のごみ

No.550-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
会社へ足が向かない日は、あえて通勤経路を変える。
そんな時は遠回りになるくらいが丁度良い。

「今日、ギリだったじゃない?」
「合コンからの・・・寝坊?」

“それはあなたでしょ!”と突っ込みたく気持ちを抑えた。

「単に遅くなっただけよ」
「でもさぁ、時々、ギリに来るよね?」

寝坊でも通勤途中のトラブルでもない。
二駅も前から下車すれば、必然的にそんな時間になる。

「色々あってね・・・」
「心配しなくても、遅刻はしないから」

時間は読めている。

「会社の近くに、小さな川が流れてるでしょ?」

会社は、その川の下流に位置している。
今日、私はさらに下流から歩いてきた。
二駅も前から下車するのは、それが目的だからだ。

「それが目的って!?」

友人がキョトンとしている。

(No.550-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »