« [No.546-2]やるじゃん! | トップページ | [No.547-2]あきらめた雨男 »

[No.547-1]あきらめた雨男

No.547-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・あっ)

やはりと言うか・・・案の定、雨が降り出してきた。

「・・・また雨男の話?」
「もう間違いないだろ?」

昨日、外出して数分も経たないうちに、雨が降ってきた。

「何度も言うけど、ただの偶然なの!」

何度も聞いたそのセリフも、今は到底納得できない。

「特に最近は・・・ずっとそうなんだよな」

確かにいつも怪しい空模様ではある。
けど、自分が外出するまでは雨が降った形跡はない。
それは乾いている道路を見れば分かる。

「なのに・・・だよ、ポツリ、ポツリ・・・」

僕を待っていたかのように、雨粒が落ちてくる。

「それを世間では偶然と言うんじゃないの?」
「偶然にもほどがあるだろ?」

それに、その偶然には続きがある。

「続き?」
「あぁ・・・今まで話してなかったけど」

僕が目的地に着いたら、狙ったように雨が止む。

(No.547-2へ続く)

| |

« [No.546-2]やるじゃん! | トップページ | [No.547-2]あきらめた雨男 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.547-1]あきらめた雨男:

« [No.546-2]やるじゃん! | トップページ | [No.547-2]あきらめた雨男 »