« [No.547-2]あきらめた雨男 | トップページ | [No.548-1]財布を忘れた ! »

ホタル通信 No.213

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.259 彼女の人生
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

全体的に嘘っぽい作りなのですが、かなり事実に沿った
話なんですよ。

言わば“ドロッ”とした時期の、それもピークの時の話です。
この小説は過去のことを振り返っている話であり、過去の
ことが実話度80%で、小説で言う“現在”の会話は全て創
作です。

最近のホタル通信はNo.200~No.300の小説を集中的に
紹介しているため、比較的、実話度が高い話に当ってい
ます。
ブログを始めたころは今ほど、実話や実話をヒントにして
小説を創ろうとは考えていませんでした。ですから、初期
の作品だから実話度が高いといったことはありません。
むしろ自分のスタイルがほぼ確立し、それなりに書けるよ
うになったNo.200以降の方が実話度が高くなっています。

話を戻せば、人生においてこんなに辛く苦しい時期はあり
ませんでした。
結果的に何もしてあげられなかった自分、そしてそこから
逃げ出した自分・・・もっと冷静に考えれば、最初から逃げ
出す準備をしていたのかもしれません。
でも、当時は行き先を照らす灯りになりたいと、本気でそう
思っていました。

後半の冒頭に“自分でも分かるほど態度を一変させた”と
書いていますが、それは「No.187 大きな悩みごと」の舞台
から始まりました。
この小説を読んでも、微塵もそんなことは感じないと思いま
すが・・・。
T213

web拍手 by FC2

| |

« [No.547-2]あきらめた雨男 | トップページ | [No.548-1]財布を忘れた ! »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.213:

« [No.547-2]あきらめた雨男 | トップページ | [No.548-1]財布を忘れた ! »