« [No.545-1]ロボットの恋 | トップページ | ホタル通信 No.212 »

[No.545-2]ロボットの恋

No.545-2

「ロボットの彼?変だろそれ」

現実なら確かに変だ。
けど、あくまでも夢の中の話だということを忘れないで欲しい。
逆にこの程度なら、まだましな方だろう。

「夢なんだから、そんなこと言ったって・・・」

なぜ、そんな夢を見たのか、説明できないことが多い。
だけど、説明が付く夢も少なからずある。
今回の場合は後者の方だ。

「後者ってことは、説明できるんだ?」
「うん、できる」

悩み事や願望・・・そんなことが夢になって出てくることがある。

「今回の夢は願望なのかな・・・」
「ロボットに恋したいとでも?」
「それとも、ショーウィンドウの中に入りたいとか?」

いつもこんな感じだ。
鈍感だから、こんな夢を見なくてはならないのかもしれない。

「おいおい、俺のせいってことか?」

友人の問い掛けには答えず、話を続けた。

「そのロボットね・・・」
「ロボットなんだけど、あなたでもあったんだよね」
S545
(No.545完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.545-1]ロボットの恋 | トップページ | ホタル通信 No.212 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.545-2]ロボットの恋:

« [No.545-1]ロボットの恋 | トップページ | ホタル通信 No.212 »