« [No.544-1]反省中 | トップページ | [No.545-1]ロボットの恋 »

[No.544-2]反省中

No.544-2

「とにかく、怪我がなくて良かったよ」

残りのコップはすでに、リラックマの姿は見えない。
その事実を知らなければ、もはやただのガラスコップだ。

「だから、そう気を落とすなって・・・」

相当ショックのように見える。
俺が思う以上に大切なものだったらしい。

「また、キャンペーンがあったらお揃いにしような」
「・・・うん」

それでもまだ浮かない顔だ。

「ちょっと反省するわ」
「それは大げさだろ?いくらなんでも」

故意に割ったわけではない。
それに、仮に故意だったとしても・・・だ。

「・・・・」
「・・・なんだよ、急に無口になって?」

菜緒(なお)がおもむろに、何かを手渡してきた。

「・・・なんだよこれ?」

はんせい中と書かれたシールのようなものだった。
本気なのかふざけているのか・・・。
S544
(No.544完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.544-1]反省中 | トップページ | [No.545-1]ロボットの恋 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.544-2]反省中:

« [No.544-1]反省中 | トップページ | [No.545-1]ロボットの恋 »