« [No.541-1]見てない | トップページ | ホタル通信 No.210 »

[No.541-2]見てない

No.541-2

横着して解答を見ながら、宿題をしたことがあった。

「で、これがバレちゃって・・・」
「え?だって、答えはひとつなんだからバレようがないでしょ?」

確かに、計算の答えはひとつしかない。
答えを見て書いたのか、考えて書いたのか区別はつかない。

「それが、一段ズレてて・・・」
「ズレる?」

解答を解答欄に書き写した。
ところが、その時に、一段ズレてしまった。

「つまり、1番の答えが2番目に、2番目の答えが3番目に・・・」

すぐにバレて、担任に呼び付けられた。

「もちろん、認めたんでしょ?」
「それが・・・」

担任から厳しく追及された。
でも、最後までそれを認めなかった。

「見てない!を押し通したんだ」

結局、時間切れと言うか、先生が根負けした形で幕を閉じた。

「・・・ということは、やっぱり見たの?」
「だから、見てないって!」

当時と似たような展開になってしまった。
S541
(No.541完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.541-1]見てない | トップページ | ホタル通信 No.210 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.541-2]見てない:

« [No.541-1]見てない | トップページ | ホタル通信 No.210 »