« [No.545-2]ロボットの恋 | トップページ | [No.546-1]やるじゃん! »

ホタル通信 No.212

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.280 赤ペン先生
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

久しぶりに実話度100%の小説をご紹介します。お約束
通り、語り手は男性ですが、作者はメールを出した女性
の可能性もあります。

さて、実話度はほぼ100%と言っても過言ではありませ
ん。ですから、読んで頂けた通りの内容が現実に起こり
ました。
“赤ペン先生”の表現自体は、ある意味、世間で認知さ
れていると思います。別にそれをマネたとかではなく、
社内では、赤ペンでコメントすることが慣例になっていた
ことが話のきっかけになっています。

かつて、コメントを書いた相手が、今ではコメントを書く立
場になっている・・・時の流れを感じつつも、“先生”として
は嬉しいものです。
“先生”は私だけではなく、他にも大勢いたのですが、私
にだけメールしてくれたようでした。いろいろと、問題があ
った彼女たちでしたが、やはりそんな方が想い出に残って
います。

ラストに何やら艶めかしい内容がチラリと書いてあります
が、彼女の他にも日報に様々な想いを、綴っていた人が
居ました。
私に対する愛の告白などではなく、ある程度先生として
信用頂いた上での”恋愛相談”みたいなものでした。
ただ、あくまでも仕事上の日報ですから内容を把握した
後は、書き直させました。

例え、企業における“先生”であっても、教え子というのは
いくつになってもかわいいものです。
T212

web拍手 by FC2

| |

« [No.545-2]ロボットの恋 | トップページ | [No.546-1]やるじゃん! »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.212:

« [No.545-2]ロボットの恋 | トップページ | [No.546-1]やるじゃん! »