« [No.543-2]彼の家 | トップページ | [No.544-1]反省中 »

ホタル通信 No.211

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.295 ボブカットの攻撃
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

話の主軸は、昔の彼女がボブカットであったこと、そして
それが校則で決められており、嫌がっていたこと。

地元ではある意味、有名だったのかもしれません。もち
ろん、その髪型も理由のひとつです。また、失礼な言い
方ですが、いわゆる女子のすべり止めの高校でした。
ですから、レベルは決して低いわけではなく、平均以上
の学校なんですが、やっぱり、彼女もどこかそれを気にし
ていました。

校則は周辺のどの高校よりも厳しく、その最たるものが
髪型でした。
今では、あえて制服で出掛ける人も多いと思いますが、
その高校は休日でも基本“制服”なんですよ。ですから、
制服と髪型が相まって・・・。
小説に書いた通り、当時の髪型の流行はアイドルを真似
たものでしたから、そのギャップは大きなものでした。

当時も僕のためではなく、単に流行の髪型に近付けたか
ったから・・・だとは思いますが、小説にするにあたり、少
し色気のある話に変えてみました。
もしかしたら、本当にそうだったかも、という思いも込めて。
もし、その彼女がこれを読んだら“もしかして私のこと?”
なんて、思うかもしれません。赤川次郎の小説が好きで
よく貸してくれましたよね。
T211

web拍手 by FC2

| |

« [No.543-2]彼の家 | トップページ | [No.544-1]反省中 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.211:

« [No.543-2]彼の家 | トップページ | [No.544-1]反省中 »