« [No.539-2]映画監督 | トップページ | [No.540-1]ネコの居場所 »

ホタル通信 No.209

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.272 夏の微笑み
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

前回のホタル通信に引き続き、この話も非常に懐かしく思え
ます。それに、非常にほろ苦い思い出でもあります。

前半はほぼ事実です。ただし、作者が彼なのか彼女なのか、
想像しながら読んでみてください。
前半の最後に書いてあるように、ふたりで遊園地に向かって
いました。その遊園地は、今はもう閉園になってしまった大阪
のエキスポランドなんですよ。
親に一度連れていってもらった微かな記憶だけを頼りにして、
遊園地へ向かいました。もちろんケータイもインターネットもな
い時代の話です。

そんなものですから、最寄駅から“近い”と思っていたその場
所は思った以上に遠く、結局1時間近く歩いていたような・・・
そんな記憶があります。
疲れたとか、彼に対して腹が立ったとかではなく、また、彼に
失望したということもありません。
小説にも書きましたが、男の意地とでも言いましょうか・・・懸
命になればなるほど見ていられなくなりました。

話は前後しますが、登場人物は3人いて、前半は彼女と彼、
後半は彼女とその友人(女性)という、やや複雑な構成です。
また、前半は回想シーンの位置づけです。
後半は全て創作であり、「当時、もしこんなことがあったら、違
う結果になっていたかもしれない」という期待を込めています。
手前味噌ですが、そこそこお気に入りのラストです。

最後になりますが、タイトルである“夏の微笑み”は、ある曲の
タイトルでもあります。
あの頃、よく聞いていました。まるで私たちのことを言っている
ようで・・・。
T209

web拍手 by FC2

| |

« [No.539-2]映画監督 | トップページ | [No.540-1]ネコの居場所 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.209:

« [No.539-2]映画監督 | トップページ | [No.540-1]ネコの居場所 »