« [No.537-2]苦労して | トップページ | [No.538-1]10年越しの告白 »

ホタル通信 No.208

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.287 おしゃれな演出
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

ホタル通信を書く際には、小説を読み直しているのですが
「懐かしい!」と叫んでしまいそうなくらい、当時のことを鮮
明に覚えています。

彼とパフェの存在は、高校時代に付き合っていた話をする
ための言わば小道具であり創作です。実話度80%は、そ
の高校時代のエピソードがほぼ事実ということを表してい
ます。
小説中では、“グラスには薄紫色のジュースが入っていた
と記憶している”と、書いています。
このジュース・・・なんだと思いますか?(現在も発売中か
どうかは不明ですが)一時期、復活した“フルーツパンチ”
なんですよ。
飲み物そのものが、トロピカルなイメージがあるので、これ
を採用したのでしょうね。

最初の一、二本は美味しくいただけたのですが、沈黙が
続く中、気付けばポッキーが個体ではなく、もはや液体に
変わろうとしていました。
でも、小説に書いた通り、これによってまさしく緊張も溶け
て行きました。小説では当時の彼が“それを狙っていたか
も”のような書き方をしていますが、おそらくそんな狙いは
なかったと思っています。

最後になりますが、はじめて彼の家に行った時の話は、
この「おしゃれな演出」の他に、もうひとつ書いています。
もし良ければ探してみてください。
T208

web拍手 by FC2

| |

« [No.537-2]苦労して | トップページ | [No.538-1]10年越しの告白 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.208:

« [No.537-2]苦労して | トップページ | [No.538-1]10年越しの告白 »