« [No.535-2]インスタン島 | トップページ | [No.536-1]すずめの涙 »

ホタル通信 No.207

小説名:No.289 社交辞令
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

狙ったわけではありませんが、偶然、前回のホタル通信と
同じ組み合わせの登場人物です。

それに、時系列で考えると、前回紹介した小説の後の話に
なります。
実際に引っ越しを知らせるハガキが届きました。でも、郵便
ではなく、いわゆる社内便で僕のもとへ届きました。真意は
分かりませんが、何となく思い付くものはあります。でも、そ
こには今回は触れないことにします。

なぜ、わざわざハガキを送ったのか・・・大いに悩みました。
小説にも書いた通り、今までも彼女の住所を知りませんで
したから、新しい住所も知る必要もありませんでした。
ですから、社交辞令として片付けるには疑問が残ることに
なりました。
結局、真意は分からぬまま、彼女の家を訪れることは今の
今までありません。
本当に遊びに行けばいいものなのか、社交辞令としてこの
ままの状態を維持するのがいいのか・・・事実は以上の通り
です。

小説のラストは創作です。
社交辞令と言いながらも、家に謝りに来い・・・まさしく商業的
なオチを用意してみました。
・・・ですが、もし彼女にそんな気があったら、本当にこうなる
可能性はゼロではないかも?
T207

web拍手 by FC2

| |

« [No.535-2]インスタン島 | トップページ | [No.536-1]すずめの涙 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.207:

« [No.535-2]インスタン島 | トップページ | [No.536-1]すずめの涙 »