« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

[No.538-2]10年越しの告白

No.538-2

男子と女子が別れて授業を受けることも多かった。
もとの教室には男子が残り、女子が他の教室へ移動した。

「そのことなんだけど・・・」

ある日、彼女が日記を机の上に出したままにしていたことがあった。
それを心無い男子に読まれてしまった。

「あなたの名前、書いちゃったものだから」

“・・・君が、私のことをずっと見ていた”日記にはこう書かれていた。

日記のことはアッという間に広がった。
そして攻撃対象は僕ではなく、彼女に向けられた。

「ううん、私が勘違いしたからいけなかったの」
「そうじゃない・・・本当に・・・さんを見てたんだ」

当時、照れ隠しもあって、彼女の勘違いということで片付けた。
それもあって、自意識過剰な女・・・そう思われるようになった。

「僕が本当のことを話していたら・・・」

彼女の表情が変わっていくのが分かる。

「それって、好きだったから見てたってこと?」
「あぁ、好きだった」

正確には今も・・・かもしれない。

「みんなぁ~!告白がようやく実ったよ!」
「・・・え?え・・・えええええっ!!」

今までとは違う歓喜の声が上がる。
出しっぱなしになっていた、あの日記・・・
全てはそこから始まっていた。
S538
(No.538完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.538-1]10年越しの告白

No.538-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
さっきから、幾度となく歓喜の声が飛び交っている。
でも、僕の目的はそっち方面ではない。

「・・・君、だよね?」

歓喜の声をかき分けて、彼女が僕の目の前に座る。

「・・・さん?」

わざと記憶が曖昧なふりをした。
本当は彼女が入ってきた瞬間に分かっていた。

「わぁ・・・覚えててくれたんだ!」

逆に忘れる方が難しいと言ったほうがいい。
あんなことがあったからだ。

「だって、学年一、かわいかっただろ?」
「もぉ!上手いんだから!」

事実、彼女はかわいかった。
だから、彼女に好意を寄せる男子は数知れずいた。
その反面、それを良く思わない女子も多かった。

「あれから、もう10年たつのね」
「・・・そうだね」

少なくとも僕にとっては特別な10年だった。

「あのときは本当にゴメンね・・・迷惑掛けちゃって」

やはり、その話題は避けて通れない。
けど、思った通り彼女は、今も勘違いしたままだ。

「私が学校で日記を書いていたせいで」

(No.538-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.208

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.287 おしゃれな演出
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

ホタル通信を書く際には、小説を読み直しているのですが
「懐かしい!」と叫んでしまいそうなくらい、当時のことを鮮
明に覚えています。

彼とパフェの存在は、高校時代に付き合っていた話をする
ための言わば小道具であり創作です。実話度80%は、そ
の高校時代のエピソードがほぼ事実ということを表してい
ます。
小説中では、“グラスには薄紫色のジュースが入っていた
と記憶している”と、書いています。
このジュース・・・なんだと思いますか?(現在も発売中か
どうかは不明ですが)一時期、復活した“フルーツパンチ”
なんですよ。
飲み物そのものが、トロピカルなイメージがあるので、これ
を採用したのでしょうね。

最初の一、二本は美味しくいただけたのですが、沈黙が
続く中、気付けばポッキーが個体ではなく、もはや液体に
変わろうとしていました。
でも、小説に書いた通り、これによってまさしく緊張も溶け
て行きました。小説では当時の彼が“それを狙っていたか
も”のような書き方をしていますが、おそらくそんな狙いは
なかったと思っています。

最後になりますが、はじめて彼の家に行った時の話は、
この「おしゃれな演出」の他に、もうひとつ書いています。
もし良ければ探してみてください。
T208

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.537-2]苦労して

No.537-2

「話のこしを折るようで悪いけど・・・」
「・・・なに?」

友人がなにか言いたげな顔をしている。

「亀を見つけるのに苦労した・・・って話だけど」
「ん?もっと聞きたいの?」
「そうじゃないけど・・・」

近所の男子を引き連れて、毎日のように小川に繰り出した。
私たちにとって、小川は格好の遊び場だった。

「だって、女子の行動とは思えないでしょ・・・亀なんて」
「亀だけじゃないのよ、フナとかザリガニと・・・」
「わ、わかったから!」

自分で言うのも変だけど野生児そのものだった。
獲物を求めてさまよう・・・まるで狩りをしているようでもあった。

「・・・なのに、今じゃね・・・」
「な、なによ・・・」
「本当は、やればできるはずでしょ?」

言いたいことは分かっている。
今は男の一匹さえも“狩る”ことができない、腰ぬけだと・・・。S537
(No.537完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.537-1]苦労して

No.537-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
家の近所に小さな小川が流れている。
今の時期、特に奴らが目立つ。

「なんでこんなに亀がいるんだろうね」
「・・・亀になにか恨みでも?」

無いと言えばないし、有ると言えばある。

「見てよ、あの数・・・」

親亀の背中に子亀が、子亀の上に・・・まさしくその状態だ。

「ほんとだ・・・それにあっちにも!」
「でしょ!」

子供の頃、家の近所にも小川が流れていた。

「昔は逆に、亀を見つけるのに苦労したのよ」

それこそ、探しても見つけられない。

「そうなんだ・・・昔のほうがいっぱい居そうな気がするけど・・・」
「それだけ、隠れる所があったからじゃないの?」

時より、人里に下りてくる熊みたいなものだろう。
本来の住処を奪ってしまった結果だ。

(No.537-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.536-2]すずめの涙

No.536-2

「ふ~ん・・・」
「・・・連れて帰るべきだった?」

やはり、あの場合、やさしくない男になるのだろうか?

「ううん、ちょっと思い出しただけ」
「へぇ~、そんな経験あるんだ?」

言い終えた後に気付いた。
そんな経験が僕にもあった。
僕にも・・・というより、彼女といっしょにそれを経験した。

「そのすずめも・・・」
「逃げようにも逃げ場所がなかったんやろな」

たまたま、とめていた自転車のそばに彼女が座っていた。
単に座っているだけではないことは見れば分かった。

「そう言えばそんなこともあったよな」

そう考えると、やはり連れて帰るべきだったのだろうか?

「何が一番いいのか、そんなん誰にもわからへん」
「そっとしといたほうが、いいときもあるし」

彼女はどうだったのか・・・そう言われると不安になる。

「そやけど、うちの知ってるすずめは感謝してると思う」S536
(No.536完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.536-1]すずめの涙

No.536-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・ん?)

自転車のカゴに何かとまっている。

「・・・すずめ?」

普通なら有り得ない距離で目が合っている。
・・・にもかかわらず、逃げる気配がない。

「それで、どうなったん?」

珍しい体験だけに早速、次の日話題にした。

「さすがに触ろうとしたら飛び立ったんだけど・・・」

飛び立ったというより、駐輪場の隅に逃げ込んだかたちになった。

「逃げ込んだ?」
「うん、体が小さかったから子供だったと思う」

上手く飛べなかったのかもしれない。
ケガをしていたとも考えられる。

「それに、そもそも夜だったしな」

さすがに夜空を飛んで逃げるわけにはいかないだろう。

「それから、どないなったん?」
「隅っこでジッとしてたから、そのままにして帰ったよ」

(No.536-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.207

小説名:No.289 社交辞令
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

狙ったわけではありませんが、偶然、前回のホタル通信と
同じ組み合わせの登場人物です。

それに、時系列で考えると、前回紹介した小説の後の話に
なります。
実際に引っ越しを知らせるハガキが届きました。でも、郵便
ではなく、いわゆる社内便で僕のもとへ届きました。真意は
分かりませんが、何となく思い付くものはあります。でも、そ
こには今回は触れないことにします。

なぜ、わざわざハガキを送ったのか・・・大いに悩みました。
小説にも書いた通り、今までも彼女の住所を知りませんで
したから、新しい住所も知る必要もありませんでした。
ですから、社交辞令として片付けるには疑問が残ることに
なりました。
結局、真意は分からぬまま、彼女の家を訪れることは今の
今までありません。
本当に遊びに行けばいいものなのか、社交辞令としてこの
ままの状態を維持するのがいいのか・・・事実は以上の通り
です。

小説のラストは創作です。
社交辞令と言いながらも、家に謝りに来い・・・まさしく商業的
なオチを用意してみました。
・・・ですが、もし彼女にそんな気があったら、本当にこうなる
可能性はゼロではないかも?
T207

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.535-2]インスタン島

No.535-2

「本当に覚えていないの!?」
「ごめん・・・」

結構、クラスでも話題になったことは覚えている。
タイトルもそれなりにウケた。
今思えば、その頃から多少文才があったのかもしれない。

「じゃ、今度、作ってよ?」
「・・・今度?」

確かに、ブログで小説のようなものを書いている。
今の技術を持ってすれば簡単かもしれない。

「言ってはなんだけど・・・」
「たかが小学生の考えることじゃない?」

そう・・・友人が言うとおり、たかが小学生の考える小説だ。

「でもさぁ・・・子供なりの発想もあるでしょ?」
「子供だからこそ、書けるみたいな・・・」

大人では思いつかないような発想がそこにあったかもしれない。

「その点は大丈夫じゃない?」

褒められている?・・・それとも遠回しに馬鹿にされている?S535
(No.535完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.535-1]インスタン島

No.535-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・それ、わざとだよね?」
「もちろんよ」

記憶では・・・小学5年生の時だったと思う。
国語の時間に“小説”を書く授業があった。
その時に私が作った小説のタイトルを、今でも覚えている。

「モアイ像で有名な・・・」
「イースター島でしょ?」

今の小学生はさておき、当時はそんな程度だろう。
響きが似ている・・・つまり、ダジャレのつもりだった。

「そう!それをもじって、ずばり“インスタン島!”」

つまり、インスタントラーメンのインスタントに引っ掛けた。

「・・・だめ?」
「ううん、逆に興味がある」

内容を一言で言えば、冒険物だ。
南海の孤島で繰り広げられるスリルとサスペンスのつもりでいた。

「ますます、聞きたくなってきた」
「ただ・・・」

肝心の中身がどうしても思い出せない。

(No.535-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.534-2]釣り日和

No.534-2

「・・・で、せいじゅうろうは?」

防波堤に腰掛けるやいなや質問してみた。

「せいじゅうろうは、もう釣りしてはるよ」
「え・・・えっ!」

今までの経験からすれば・・・。
程度の差はあれど菜緒(なお)の言葉にうそはない。

「あっちの方に、行ったみたいやで」
「どこだよ?」
「小さいから、見えへんだけ」

確かに見渡せる範囲には居ない。
テトラポットの陰にでも居る設定だろうか。

「・・・見に行ってもいいの?」
「それはあかん!“釣れたら見せにくる”って言ってはったから」

結局、“釣れませんでした”で終わるオチなんだろうか?
その時だった。

「せ、せいじゅうろうが、釣れたって!」
「ど、どこだよ!?」

菜緒の足元からわざとらしく、あいつが登場した。

「わぁぁ!大物やん!」
Image_2
(No.534完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.534-1]釣り日和

No.534-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
特に何かを意識して、発言したわけではない。
なんとなく、そんな気になった。

「今度、釣りにでも行こうか?」

暖かい日が続いている。
単に海へと繰り出すよりも、目的があった方がいい。
それに弁当片手にノンビリ釣りでも・・・憧れでもあった。

「・・・魚つり?」
「うん、ほら・・・こんな陽気じゃない」

陽気と魚つりを、多少強引に結びつけてみた。

「それも、そうやな」
「だろ?」

何が“だろ?”なのか・・・。
自分でも恥ずかしくなるくらいの返し方だ。

「せいじゅうろうは、連れていってええの?」
「ん?もちろんいいよ」

今回ばかりは、せいじゅうろうも出る幕はないだろう。

「海に落ちないように“注意するよう”言っておいて」
「せやね!言っとくわ」

他人には滑稽に見えてもお互い本気で言っている。

(No.534-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.206

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.211 あの空の向こうに
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

小説のような会話こそありませんでしたが、シチュエーショ
ンは小説の通りです。

作者が男性、女性であるかは別にしても、実際に小説上の
彼女は北の大地・・・地元である北海道に戻りました。
その彼女は何度も冬のホタルに登場しています。何度か書
かせて頂いた通り、これだけ書き続けて来ても登場人物は
ごく限られています。

もともとは特に親しい間柄ではありませんでしたが、この地
で再び出逢ったことで、少し距離が縮まりました。そのきっ
かけは「No.189 小さな勇気」であり、「ホタル通信 No.090
で舞台裏も書いています。
正確には同郷ではないのですが、永く北海道で仕事をして
いたせいで、気持ちの上では道産子だと思っています
彼女が北海道に戻る理由・・・もちろん転勤であることには
間違いはありませんが、それは形の上だけと言ったほうが
いいのかもしれません。

結局、彼女とは何もなく、その後はごくたまにしかメールの
やりとりをしていませんでした。
それに、メールを送ってもメールが来たとしても、返事が来
るのが物凄く遅い人だったので(笑)
ですが、これをもとにした小説も書いていますし、最近はも
っぱらLINEで・・・という話も書いているんですよ。
T206_2

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.533-2]Perfect Sky

No.533-2

もし、子供に聞いたどう答えるのだろう・・・。
素直に宇宙があるとか、何もないとかと答えるのだろうか?

「自分は何があると思ってるの?」
「えっ!わたし・・・」

彼と同じで、どう答えれば良いのだろう・・・。

「とりあえず・・・ゆ、ゆめ、かな!?」

再び彼がキョトンとした顔をする。

「ずいぶんとロマンチックな答えだな」

まさしく苦笑・・・という顔だった。

「い、いいじゃないの!」
「まぁ、そう怒るなって」

でも、冷静に考えれば、本来は自分が撒いたタネだ。
彼にあたるのは筋違いもいいところだ。

「ごめん・・・」
「空の向こうには、笑顔があるんじゃないかな?」

その言葉通り、私に笑顔が戻った。
S533
(No.533完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.533-1]Perfect Sky

No.533-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「ねぇ、空の向こうには何があるんだろうね?」
「・・・空の向こう?」

彼がキョトンとするのも分かる。
あまりの青空に、思わず口に出てしまった。

「哲学的に答えればいいの?それとも・・・」
「う~ん、どうだろう・・・」

自分で問い掛けておきながら、返答に困る。

「ごめん、何となく聞きたい気分になったので」
「・・・ほら、こんなに青空でしょ」

それこそ絵に描いたような青空だ。
雲ひとつ見当たらない。

「まぁ・・・分からないわけじゃないけど」

街外れの海辺は、雑踏とも縁遠い。
加えて、時より心地よい風が吹き抜けていく。
それらが、いっそうそんな気にさせる。

「でしょ!!」

思わず、声高らかに反応してしまった。

(No.533-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.532-2]独りの時間

No.532-2

ゴールデンウィーク中ということもあるのだろう。
カップルや友達同士が多い。
一人で飲んでいる人は・・・見渡す限り居ない。
いや、正しくはここに一人いる。

(来るんじゃなかった・・・)

今になって後悔している。
最初は大人な気分を味わう目的もあった。
いわゆる“酒場”で独り飲むことに憧れもあったからだ。

(・・・私を見て笑ってる?)

周りの視線が気になる。
被害妄想だとは分かっているが・・・。

「大人な気分どころじゃないね、全く・・・」

とりあえず、冷静を装い飲み続けることにした。
幸いにもフォークが二本ある。
加えて、人待ち顔をしていれば、なんとか乗り切れるだろう。

「・・・でも、ジョッキが・・・あっ!そうだ」

もうひとつジョッキがあれば完璧だ。
大急ぎで、目の前の一杯を飲み干した。

今回のことでひとつ教訓が生まれた。 
独りで飲むこと・・・大人な余裕を楽しむのではない。
耐え忍ぶ精神力を鍛えるためなんだ・・・と。
S532
(No.532完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.532-1]独りの時間

No.532-1

登場人物
女性=牽引役  
-----------------------------
用事を済ませた帰り、たまたまイベントに出くわした。
それが何のイベントであるかは遠くからでも分かった。
デカデカと看板があがっているからだ。

「・・・本場のビールってわけね?」

特にビールが好きなわけじゃない。
でも、音楽と天気の“陽気”に誘われて、つい足が向いてしまった。

(軽く一杯くらいなら・・・)

とりあえず、黒ビールとウィンナーの盛り合わせを注文した。

「ここでいいか・・・」

あいにくの人だかりでテーブルに空きがない。
仕方なく、芝生の上に腰掛けることにした。
周りにもそんな人たちで溢れている。

(・・・ただ)

思った以上に居心地が悪い。
それは芝生に腰掛けているからじゃない。
その答えは皿の中にもある。

「フォーク・・・二本あるし・・・」

少なくともひとりで来たとは思われていない。
それが嬉しくもあり、悲しくもあった。

(No.532-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »