« [No.529-1]懐かしい感覚 | トップページ | ホタル通信 No.204 »

[No.529-2]懐かしい感覚

No.529-2

「ただそれだけの理由?」
「理由というかきっかけというか・・・」

少し関係が冷めてきたこともあって、それがトリガーになった。
彼も私も積極性がなくなっている。

「だから、お互い次の約束をしない」

こんな時こそ、どちらかで拮抗を破るしかない。

「分かってるなら、どうして・・・」
「・・・そうね」

だから恋愛・・・だとも言える。

「ちょっと話は変わるけど、昔を思い出してさ」
「むかし?」

高校生の時、何度か今のような状態を経験した。

「・・・で、最終的には自然消滅」

さっき話した通り、連絡する手段がごく限られていた時代だ。

「今、まさしくそれに向かってる感じ」
「なに、懐かしんでるのさ・・・まったく・・・」
「こういう時こそ、自分からいかなきゃ!」

友人がげきを飛ばしてきた。

(昔も居たっけ、こんな友人が)

これもまた懐かしい。
S529
 (No.529完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.529-1]懐かしい感覚 | トップページ | ホタル通信 No.204 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.529-2]懐かしい感覚:

« [No.529-1]懐かしい感覚 | トップページ | ホタル通信 No.204 »