« [No.528-1]やっぱり雨男 | トップページ | [No.529-1]懐かしい感覚 »

[No.528-2]やっぱり雨男

No.528-2

「仮に雨男だとしても誰も知らないわよ」

確かに彼女以外にこうして話したことはない。
万一、話そうものなら・・・。

「花見なんかは絶対、誘われなくなっちゃうよ」

実際、先週の花見は雨で中止になった。
もちろん、僕も参加だった。
・・・というより、僕が幹事だった。

「今まで中止になったこと、一度もなくってさ・・・」

まことしやかに、雨男の話が出始めた。
もちろん、“僕が”ということではないが。

「とにかく、気にしない気にしない!」
「・・・だよな!」

今日だって、今は雨は止んでいる。
本当に雨男だったとしても、その効力は大したことはない。

「そうそう!」
「なんだか、心も晴れてきたよ」
「うまいこと言うわね!」

それに呼応するかのように、天気も良くなってきている。

「心だけじゃなく、本当に晴れてきたよな」
「うん!一応、折りたたみの傘は持ってきてたけどね」

そう言うと、バックの中から小さな傘を取りだした。

「だって心配でしょ?雨男と一緒じゃ・・・あっ!」

S528
(No.528完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.528-1]やっぱり雨男 | トップページ | [No.529-1]懐かしい感覚 »

(022)小説No.526~550」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.528-2]やっぱり雨男:

« [No.528-1]やっぱり雨男 | トップページ | [No.529-1]懐かしい感覚 »