« [No.529-2]懐かしい感覚 | トップページ | [No.530-1]さくらさく »

ホタル通信 No.204

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.201 特等席
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

登場人物の設定と会話の内容を抜きにすると、小説と同じよ
うなシチュエーションがあったのは事実です。

車中から花火が見える・・・あれ?今年も車の中だぞ・・・そん
な事実から小説は生まれました。それに、ひとりではなく、同
乗者がいることも毎年同じでした。
そんなシチュエーションを面白おかしくするためにあえて車中
の人物の組み合わせを変更しました。
小説上は「女性同士」ですが、実際は「男性同士」か「男女」
の組み合わせのどちらかです。
組み合わせを考えてから、小説の内容を考えたのではなく、
先に内容が決まったので、それに相応しい組み合わせにし
てみました。

今でもよく覚えています。
車中から見える花火、そして人、人、人・・・。人も車も大渋滞
の中にあって、ちょっと自分たちがみじめに感じる瞬間でもあ
りました。
ガラスを一枚隔てた向こうには、それこそ煌びやかで、祭りの
匂いがプンプンしている世界が広がっているのに・・・と。
一方、私たちと言えば黒いスーツに身を包み、タバコの匂いが
立ち込める車の中で、花火と行き交う人と見つめている。この
小説は、言わば軽めの“光と影”なんですよ。

最後になりますが、小説のタイトルからすれば、そう言いなが
らも「車中は特等席だ」風で終わっても良かったかもしれませ
んが、もうひとひねりしてみました。
ガラスを隔てた“こちら側”もそれなりに、楽しんでますよ・・・と
そんなメッセージを込めたつもりです。
T204

web拍手 by FC2

| |

« [No.529-2]懐かしい感覚 | トップページ | [No.530-1]さくらさく »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.204:

« [No.529-2]懐かしい感覚 | トップページ | [No.530-1]さくらさく »