« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

ホタル通信 No.205

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.216 見返り美人
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

小説のタイトルであり、主軸でもある“見返り美人”ですが、
実話度に反して事実ではありません。

登場人物の設定や会話も事実とは異なりますが、書いて
あることそのものは事実です。
特に後半の「見返りを求め始めた」こと、さらには「電話や
メールの内容が変わって行った」ことは生々しいくらい事実
なんですよ。
そのような意味で実話度を決めさせていただきました。今
でも当時のことを覚えています。「恋愛の力ってすごい」と
思いつつも、一方では「恋愛のこわさ」を思い知りました。
恋は盲目・・・なんていうこともありますが、良くも悪くもそれ
を実体験しました。

自分の想いだけが強くなり、与えた分・・・もしかしたらそれ
以上の見返りを求めていたのかもしれません。
小説では“想いが強い”から・・・ということになっていますが
それよりも不安の方が大きかったことが現実でした。
不安感の理由は分かっていました。“彼”とは言いましたが
ふたりの関係は複雑でした。

最後になりますが、この話の結末と言いますか、現実はご
想像の通りです。上手く行くはずもありませんよね。
丁度、今頃その時がやってきました。もう、5年も前の出来
事になります。
T205

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.531-2]宇宙の謎

No.531-2

「どやった?」
「・・・そうだな」

思っていたよりも悪くはなかった。
むしろ期待以上だった。

「星があんなにあるなんて思ってもみなかったよ」

最初は作りものだと思っていた。
単なるショーとして。

「うちもな、最初は信じられへんかってん」
「だろ?」

事実、夜空を見上げてもあのようには見えない。

「空気が澄んでいる場所なら見えるんだろ?」
「うん!」

日本でそんな場所はあるんだろうか・・・。

「でもうちはプラネタリウムで十分や」

てっきり本物を見たがるものと思った。

「そ、そうなんだ・・・」

もしかしたら・・・そんな淡い期待を持っていた。

「どないしたん?」
「ううん、なんでもないよ」

一緒に見れれば場所なんて関係ないか・・・。
S531_
(No.531完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.531-1]宇宙の謎

No.531-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
本棚に科学雑誌が増えてきた。
特に宇宙に関する雑誌が・・・。

「星?あまり興味はないけど・・・」

本当はあまりどころか全く興味がない。
彼女の手前・・・そう答えざるを得なかった。

「ほんまに?」

どっちの意味だろうか?
少しでも興味があることに対する期待・・・
それともさほど興味がないことに対する落胆だろうか?

「まぁ・・・そうだな」

知ったかぶりをするわけにはいかない。
興味がない分野だけにすぐにボロが出るからだ。

「今度、一緒にプラネタリウム見にいかへん?」
「プラネタリウム!?」

もちろん名前も、それが何かも知っている。

「どこでやってるの?テーマパーク?」

ただ、ごくまれに雑誌とかで見かける程度の知識しかない。

「科学館でやってるで」
「科学館?」

宇宙はごく身近なところにあった。

(No.531-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.530-2]さくらさく

No.530-2

いつのころからか、関係がギクシャクし始めた。
更に追い討ちを掛けるかのように、彼の転勤が決まった。

「向こうに行っても元気でね」

私たちにそれを乗り越える力はもう残されていなかった。

「桜を見るたびに、思い出すかもな」
「かもな、じゃなくて思い出すのぉ!」
「わ、わかったよ」

いつにもなく、会話が弾む。
もう、これっきりと分かっているからだろうか。

「まぁ、来年は違う人と桜を見るから心配しないで」
「お、俺だって、そうだよ!」

最後の最後で、子供のような意地の張り合いだった。

「じゃあ、これで・・・」
「・・・うん」

花びらが舞い落ちきた。
まるで私たちの別れを演出するかのように。

残念ながら、今年はひとりで桜をみることになった。
それ以外は、あの時と何も変わらず、桜は咲いている。S530
(No.530完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.530-1]さくらさく

No.530-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
春は出会いと別れの季節だ。
その重みさえ考えなければ、小学生だって分かっている。

「でも、別れの歌の方が多くない?」
「ほら・・・卒業に代表されるように」

入学とか入社とか、そんな歌は聞いたことがない。

「入学ならまだしも、入社なんか歌にならないだろ?」
「だから、あえて言ったの」

それに、春だから出会ったとか・・・そんな歌もない。

「春なのに、お別れ・・・なんて歌はあったよな」

だからだろうか?
春は目に入る風景とは逆に、物悲しく感じる。

「いつの間にか、春ってそんなイメージになってるよね」

大袈裟だが、世間が作り出した演出かもしれない。
何かを狙って・・・。

「おいおい、政府の陰謀みたいな言い方だな」
「今の私たちには陰謀のほうが都合がいいんじゃない?」

陰謀ではなくても、私たちは別々の道を進もうとしている。
この桜並木を過ぎれば、彼と二度と会えない。

(No.530-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.204

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.201 特等席
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

登場人物の設定と会話の内容を抜きにすると、小説と同じよ
うなシチュエーションがあったのは事実です。

車中から花火が見える・・・あれ?今年も車の中だぞ・・・そん
な事実から小説は生まれました。それに、ひとりではなく、同
乗者がいることも毎年同じでした。
そんなシチュエーションを面白おかしくするためにあえて車中
の人物の組み合わせを変更しました。
小説上は「女性同士」ですが、実際は「男性同士」か「男女」
の組み合わせのどちらかです。
組み合わせを考えてから、小説の内容を考えたのではなく、
先に内容が決まったので、それに相応しい組み合わせにし
てみました。

今でもよく覚えています。
車中から見える花火、そして人、人、人・・・。人も車も大渋滞
の中にあって、ちょっと自分たちがみじめに感じる瞬間でもあ
りました。
ガラスを一枚隔てた向こうには、それこそ煌びやかで、祭りの
匂いがプンプンしている世界が広がっているのに・・・と。
一方、私たちと言えば黒いスーツに身を包み、タバコの匂いが
立ち込める車の中で、花火と行き交う人と見つめている。この
小説は、言わば軽めの“光と影”なんですよ。

最後になりますが、小説のタイトルからすれば、そう言いなが
らも「車中は特等席だ」風で終わっても良かったかもしれませ
んが、もうひとひねりしてみました。
ガラスを隔てた“こちら側”もそれなりに、楽しんでますよ・・・と
そんなメッセージを込めたつもりです。
T204

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.529-2]懐かしい感覚

No.529-2

「ただそれだけの理由?」
「理由というかきっかけというか・・・」

少し関係が冷めてきたこともあって、それがトリガーになった。
彼も私も積極性がなくなっている。

「だから、お互い次の約束をしない」

こんな時こそ、どちらかで拮抗を破るしかない。

「分かってるなら、どうして・・・」
「・・・そうね」

だから恋愛・・・だとも言える。

「ちょっと話は変わるけど、昔を思い出してさ」
「むかし?」

高校生の時、何度か今のような状態を経験した。

「・・・で、最終的には自然消滅」

さっき話した通り、連絡する手段がごく限られていた時代だ。

「今、まさしくそれに向かってる感じ」
「なに、懐かしんでるのさ・・・まったく・・・」
「こういう時こそ、自分からいかなきゃ!」

友人がげきを飛ばしてきた。

(昔も居たっけ、こんな友人が)

これもまた懐かしい。
S529
 (No.529完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.529-1]懐かしい感覚

No.529-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(・・・どうしよう)

今は完全にタイミングを失ってしまった状態だ。

「さっきから、何、モゴモゴしてるのよ?」
「モゴモゴ?」

聞きなれない擬音を友人が発した。

「まさしくモゴモゴでしょ?」
「落ち着かない様子だし、それに・・・」

声こそ出ていないが、独り言を言っているように見えるらしい。

「そ、そうなの!?」
「悩み事があるなら相談に乗るよ」

とりあえず、今、自分が置かれている状況を話した。

「今の時代、逆に難しいんじゃない?」

自分でもそう思っている。
昔と違って、ケータイもパソコンもある。

「それこそ、今すぐ連絡できるでしょ?それも直接相手に・・・」
「だから・・・タイミング・・・失っちゃって」

今日しよう、明日しよう・・・それがズルズル先延ばしになった。

「原因はケンカじゃないわけでしょ?」
「うん、すれ違いが続いて・・・」

最近、お互いの都合がつかず、会えずじまいだった。

(No.529-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.528-2]やっぱり雨男

No.528-2

「仮に雨男だとしても誰も知らないわよ」

確かに彼女以外にこうして話したことはない。
万一、話そうものなら・・・。

「花見なんかは絶対、誘われなくなっちゃうよ」

実際、先週の花見は雨で中止になった。
もちろん、僕も参加だった。
・・・というより、僕が幹事だった。

「今まで中止になったこと、一度もなくってさ・・・」

まことしやかに、雨男の話が出始めた。
もちろん、“僕が”ということではないが。

「とにかく、気にしない気にしない!」
「・・・だよな!」

今日だって、今は雨は止んでいる。
本当に雨男だったとしても、その効力は大したことはない。

「そうそう!」
「なんだか、心も晴れてきたよ」
「うまいこと言うわね!」

それに呼応するかのように、天気も良くなってきている。

「心だけじゃなく、本当に晴れてきたよな」
「うん!一応、折りたたみの傘は持ってきてたけどね」

そう言うと、バックの中から小さな傘を取りだした。

「だって心配でしょ?雨男と一緒じゃ・・・あっ!」

S528
(No.528完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.528-1]やっぱり雨男

No.528-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(あっ・・・)

朝、降っていた雨も11時ごろには止んでいた。
出掛ける前には濡れた道路も乾き始めていたくらいだった。

「・・・なんだよ」

それなのに・・・家を出た途端、雨がパラパラと降ってきた。
目の前を足早に親子連れが行き過ぎる。
僕の方をチラット見たのは、気のせいだと思いたい。

「相変わらず、雨男?」
「・・・気にしてるんだぞ、これでも」
「冗談よ!いるわけないでしょ?」

・・・とは言うものの、一昨日もそうだった。
会社を出た途端、止んでいたはずの雨が降り出してきた。

「だからそんなの偶然よ」
「以前も言ったでしょ?」
「そりゃ、そうだけど・・・」

確かに自分と同じタイミングで家を出たりする人は大勢いる。
その人たちは自分が雨男、雨女と思っているのかもしれない。

「昨日なんて、親子連れにチラ見されたし」
「それって被害妄想過ぎない?」
「・・・とりあえず、雨が止んでよかったじゃん!」

降り出した雨も、彼女と会うころには再び止んだ。

「ちなみに、晴れ女じゃないからね」

やや天気は悪いとは言え、外出するにはまずまずの天候だった。

(No.528-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.203

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.261 最高の誉め言葉
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

実際にこのような会話が“一度に”交わされたわけではあり
ません。

一度に・・・という意味は、ある瞬間にこの会話全てが交わさ
れたわけではなく、ある期間、例えば半年、1年・・・といった中
でそれぞれ交わされた会話をあたかも、ある瞬間に交わされ
た会話のように仕上げています。
従って、部分部分に実話がちりばめられたようになっており、
私にとっての最高の誉め言葉である、“ライバル”についても
実際に彼の口から発せられたものです。

あえて書けば、作者は“私”である女性か“彼”である男性の
どちらかです。
仮に作者が彼であれば、私の気持ちを代弁していることにな
りますから、本当の意味で真実が語られていないのかもしれ
ませんね。
いまさらですが、ホタル通信はこんな感じなんですよ。あくま
でも、語り手は、小説の牽引役の人であり、それがイコール
作者ではありません。

小説上の時期は、今から数えれば約7年前の出来事になり
ます。
小説に書いてあるような、少し色気のある気持ちになったの
も嘘ではありません。
T203

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.527-2]目の錯覚

No.527-2

「ドラム缶はフェンスの前に置いてあって」

駐車場と道路を隔てるように青色のフェンスが張ってある。

「そのフェンスが一部、白く剥げてるんだ」
「もしかして、それが煙の正体?」

立ち止まってマジマジと見てもそうは感じない。
でも、自転車で通り過ぎると、煙が上がっているように見えてしまう。

「だから、いつも通り過ぎた瞬間に“ん?”みたいな・・・」

それを繰り返しているうちに、少なくとも煙ではないことは理解した。

「で、何なんだろうと思って調べてみたら・・・」
「つまり、目の錯覚だった、ってことね」
「まぁ、そういうこと」

ただ、話終えた時、この話にはオチがないことに気付いた。

「・・・これだけなんだけど」
「見てみたい!それを」
「見てみたいって、現場を!?」

一応、聞き返してみた。
目の錯覚ならぬ、耳の錯覚かもしれないからだ。

「そうに決まってるでしょ!」

どうやら聞き間違えではなかったようだ。
S527
(No.527完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.527-1]目の錯覚

No.527-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
かなり前から気付いてはいた。
でも、その理由までは調べていなかった。

「・・・で、あらためて調べてみたんだ」

自転車でよく通る道端に、サビたドラム缶が数本置いてある。

「置いてあるというより、放置されていると思う」

ただ、不法投棄のような悪質なものではない。

「それで、その中身でも調べてみたの?」
「ううん、違うんだ」

自転車でドラム缶の前を通り過ぎる時、妙なものが目に入る。

「やだ・・・ちょっとその手の話題はまだ早いんじゃ・・・」
「大丈夫だよ、そっち系じゃない」

通り過ぎたころに、ドラム缶から煙が出ていることに気付く。

「えっ!それって大事じゃない!」

普通に聞けば、当然の反応だろう。

「言っただろ?かなり前から気付いていたって」

つまり、煙であって煙じゃない。

「・・・煙じゃない?」

謎掛けをしているような展開になった。

(No.527-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.526-2]おめでとう

No.526-2

「その人が女性で、しかも気になる年齢になったから?」
「それはあなたでしょ?」

真面目に答えるんじゃなかった。

「そりゃそうだけど・・・」
「じゃ、言われたのが人じゃなくて・・・」

イヌでもネコでもいいが、ここはひとつ・・・。

「フナッシーだったから!」
「真面目に答えてくれないかな?」

何が真面目で、何が不真面目なのか・・・。

「もぉ・・・わかんないよ」
「ギブアップするから、答え教えて」

考えればいくつか候補は出ると思う。
でも、今の展開も含めて面倒だ。

「契約先や登録先から言われたから」
「・・・?」

意味がよく分からない。

「それって取引先から・・・ってこと?」
「取引先なら、そこそこ嬉しいわよ」
「じゃぁ、何?その契約先とかって・・・」

友人が淡々と話してくれた。

「メール?」

相手は、保険の契約先とか会員登録先だ。
そこから“おめでとう”メールをもらったからだ。
S526
(No.526完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.526-1]おめでとう

No.526-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なぞなぞ、言っていい?」

何の脈略もなく、話が切り替わった。

「・・・あ、うん、いいけど」

脈略がないとは言え、何らかの意図はあるのだろう。
友人の表情を見れば分かる。

「上は洪水、下は大火事・・・これな~に?」
「えっ!?」

驚きではなく、とまどいの“えっ”だ。
とまどう理由は、メジャーななぞなぞだったからだ。

「それって・・・」

(一応、ぼけたほうがいいのかな?)

江戸時代じゃあるまいし、今の時代、下が大火事なんてあり得ない。

「お風呂だよね」

なぞなぞを出しておいて、自分で答えを言った。
それに、いきなり正解だ。

「それじゃぁ、なぞなぞにならないじゃん!」
「これからが本題なの!」

つまり、これは前振りらしい。

「誕生日に沢山の人から“おめでとう!”と言われました」
「でも、全然、嬉しくないのはなぜ?」

若干、なぞなぞではないような気もするが・・・。

(No.526-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.202

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.250 寂しげな雪だるま
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この話は小説にも書いてある通り、旅先の北海道から送ら
れてきた写メがきっかけになっています。

送られた写メには、確かに雪だるまが写っていたのですが
それ自体、寂しげに見えたわけではありません。寂しげに
見えたのは、雪だるまと共に写っていた彼の方でした。
小説ではそこまで踏み込んで書かずに、「なぜか雪だるま
が寂しく見えた」に置き換えました。
加えて言うなら、なぜ彼が寂しげに見えたのかは、私には
分かっていました。小説ではあえてこのあたりには触れて
いません。

実話をベースにするとは言え、今回のようにあえて実話か
ら遠ざけて書くこともあります。
例え、100%実話を書いたとしても、誰も自分のことが書か
れているとは思わないのでしょう。でも、書くことをためらう
ことは少なくありません。

結果論にはなりますが、この小説が、後々大きく展開して
行くことになりますし、すでにそれについては小説にしてい
ます。
もちろん、登場人物も性別もこの小説とは全く関係がない
ように作ってありますので一見してそれだとは分かりませ
ん。

最後になりますが、なぜ雪だるまが寂しそうに見えたのか
分かりますか?
ラスト近くに書いてある「数分後には、その雪だるまの隣に
もう一体雪だるまが並んだ」がその答えであり、なぜそう思
ったのかは前半の「決して純白とは言いがたいものだった」
が伏線になっています。
T202

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »