« [No.518-1]静かな日曜日 | トップページ | [No.519-1]聞けない歌 »

[No.518-2]静かな日曜日

No.518-2

とにかく日曜日の朝は、驚くほど静かだった。

「それこそ街から誰も居なくなったみたいだったな」

それに車の姿も見えなかった。

「まぁ、その日だけたまたま・・・だったかもしれないけど」
「普段と違う行動ゆえの発見ですね!」
「まぁ、そのきっかけが仕事・・・というのは勘弁だけど」

でも、静かな朝に、ホッコリしたわけではない。
むしろ、妙な緊張感があった。

「緊張感?」

何となく空気が張り詰めているよう思えた。

「そう考えると雑踏って、大切なのかもしれないな」

もしかしたら、毎日空気は張り詰めているのかもしれない。

「それを雑踏がうまく緩和している・・・」
「おもしろい考えですね」

それに気付かずに僕らは生きている。

「・・・かもしれないっていう、説なんかどうかな?」
「ちょっと、強引じゃありませんか?」
「そうかな」

月曜日は朝は、何かとザワザワしている。
どうでもいいような話が飛び交うことも多い。

「みんなそれを知ってるからこその行動だとすれば?」S518
(No.518完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.518-1]静かな日曜日 | トップページ | [No.519-1]聞けない歌 »

(021)小説No.501~525」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.518-2]静かな日曜日:

« [No.518-1]静かな日曜日 | トップページ | [No.519-1]聞けない歌 »