« [No.523-2]気の早い桜 | トップページ | [No.524-1]元祖の存在 »

ホタル通信 No.201

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.240 平行線
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

ご存知の通り、作者である“ホタル”は、年齢や性別などの
一切の情報は伏せています。だからこそ時には男性に、時
には学生に・・・なったつもりで作品が作れます。

実話度は限りなくゼロです。平行線というキーワードだけが
事実でその他は創作です。
平行線というキーワードを耳にした瞬間に、話の展開は「こ
れしかない!」と考えていました。考えたあげくに舞台が学
校、学生になったというより、不思議とこれ以外考えられま
せんでした。
そんな背景もあって、かなり短時間で完成した記憶があり
ます。

“不思議ちゃん”と思われるかもしれませんが、小説を作る
というより、小説上の登場人物が自ら話を展開させ、作者は
それを遠目で見て、その状況を小説にしている・・・という感
じです。
他人の皆様はもとより、自分自身に対しても固定概念を植え
付けないように、今でも正体不明で通しています。

話の展開は、自分でもよく使う“勘違い”で話が展開するタ
イプです。
試験範囲と思っていたら、最終的に「告白だった」につなが
ります。単純明快に、死語かもしれませんがキャピキャピ感
がでるように作ったつもりです。
それに、動きと言いましょうか、躍動感あふれる話にも仕上
げたつもりなんですよ。
T201

web拍手 by FC2

| |

« [No.523-2]気の早い桜 | トップページ | [No.524-1]元祖の存在 »

(108)通信No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.201:

« [No.523-2]気の早い桜 | トップページ | [No.524-1]元祖の存在 »