« [No.521-2]奥の細道 | トップページ | [No.522-1]プレゼント »

ホタル通信 No.200

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.300 天空のホタル
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

表面上の実話度はそれほど高くはありませんが、バックグラウンドには実話度以上のリアルな世界が広がっています。

切り番・・・No.100とかNo.200には、あえて当ブログに関係の深い作品を発表しています。
加えて、これらの作品に登場する人物は設定こそ違えども全て同じ人です。もちろん、実在します。

シリウスは、小説上の彼女にとっても僕にとっても、非常に重要な存在です。
その証拠にブログを始めて間もない頃に「No.006 四つのシリウス」という作品を発表しているくらいです。
彼女にとって、星たちは心を許せる存在と言いましょうか、唯一素直になれる対象だったのかもしれません。シリウスの話をする彼女の目は、それこそシリウス以上に輝いていました。

冒頭に記載した通り、表面上の実話度は低めで、会話などはほぼ創作です。あえて、実話度を下げてオブラートに包んだような作品に仕上げました。
従って、このような話につながることが、バックグラウンドにあったということです。
ただ、表面上のロマンティックさとは程遠く、どちらかと言えば、ドロドロしていました。

そんな現実がありながらも、そうなればいいな・・・的な想いがラストには現れているのかもしれませんね。今も・・・シリウスを見上げていますか?
T200
web拍手 by FC2

| |

« [No.521-2]奥の細道 | トップページ | [No.522-1]プレゼント »

(101)通信No.101~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.200:

« [No.521-2]奥の細道 | トップページ | [No.522-1]プレゼント »