« [No.519-2]聞けない歌 | トップページ | [No.520-1]今日の運勢 »

ホタル通信 No.199

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.245 四次元の世界
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

今でも、小学生の頃に見ていた番組のことを鮮明に覚えて
います。それだけ子供心には衝撃的でした。

ある人が、四次元の世界に迷い込んでしまう。でも、そこは
自分が居た世界となんら変わりはない。
唯一、違うのは自分を知る人が居ないこと・・・そう、自分の
居た世界でいう親も兄弟も、自分のことを知らない。
幽霊などの直接的な怪奇現象よりも、よほど怖くて、それが
頭から離れませんでした。
ただ、これが実話に基いた話だったのか、フィクションであっ
たのかは覚えていません。
結局、その人がどうなったのか、残念ながらこれも記憶には
ありません。

それでは内容に少し触れさせて頂きますね。
この会話は車の中で交わされています。前半の最後の2行
でそれを表しています。車がトンネルに入ることによって、四
次元の話がスタートしたようなものです。
でも、急に思い出したのではなく、常々恐怖心を持っており、
それがトンネルだけでなく、ゲートとかも・・・というのが後半
に出てきます。

それを隠すために、またゲートを通らないようにするために、
タバコを買いに行くように見せかけて、そこを避ける。
自分で言うのも変ですが、このタバコの下りは今読んでみて
も、最初はどのような意味があるかピンときませんでした、お
恥ずかしながら。

ラストは少し強引で、それこそ「だ・か・ら何なんだよ」という感
じです。当時、このふたりは一般人という設定でした。でも、こ
れまた強引に考えると、芸能人カップルなんて設定が似合うの
かもしれませんね。
誰も、僕達を知らない・・・だ・か・ら、マスコミに騒がれることも
なく、愛を育める、ってことでしょうか。
T199

web拍手 by FC2

| |

« [No.519-2]聞けない歌 | トップページ | [No.520-1]今日の運勢 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.199:

« [No.519-2]聞けない歌 | トップページ | [No.520-1]今日の運勢 »