« [No.517-2]疎遠 | トップページ | [No.518-1]静かな日曜日 »

ホタル通信 No.198

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.257 差し延べる手
実話度:★★★☆☆(40%)
語り手:女性

これこそ冬のホタルの真髄である“日常”を切り取った小説
と言えます。

朝の小学生たちの行動は概ね事実です。話の中心である
ひとりだけ歩いていた女の子も事実なのですが、その子が
転校生だったのかは不明です。
ひとりだけ歩く女の子、そしてスクール帽の色・・・この事実
を目の当たりにした時、この小説を思い付いたのです。

転校生という設定にすれば、なんとなく話のつじつまが合い
ますし、サクサク、話を作ることができました。
いつもの通り、ラストは考えていませんでしたが、幸いにも
転校生という設定が良い方向へ進んだと考えています。
なぜ、その女の子が転校生だと思ったのか・・・それは自分
がかつてそうだった・・・これがラストを決定したと思います。

・・・とは言うもの、ラストはちょっと商業的でベタな終わり方
です。まぁ、そつなく終わっても自分的には生々しさがなく、
物足りなくも感じます。話のテーマは違えども、よくあるパタ
ーンだと思います。
ですが、知っててそうしたわけではありません。あくまでも、
話の展開上、そうなったに過ぎません。
何度か書いたこともありますが、なんせ1話(前半、後半)は
仕事の昼休みの小一時間で作っているものですから、余り
深くは考えていません。

今でも、目の前を小学生が駆け抜けて行きます。相変わら
ずみんな元気ですよ。誰一人残ることなく。
T198

web拍手 by FC2

| |

« [No.517-2]疎遠 | トップページ | [No.518-1]静かな日曜日 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.198:

« [No.517-2]疎遠 | トップページ | [No.518-1]静かな日曜日 »