« [No.515-2]デスティニー | トップページ | [No.516-1]雪景色 »

ホタル通信 No.197

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.277 異人館
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めです。交わされた会話に事実はなく、ほぼ創作
になります。

当時、「神戸の異人館を訪れるカップルは別れる」という噂が
ありました。もちろん、単なる噂であったことは分かっていたの
ですが、もしそれを目の前に突き付けられたら・・・そんな話に
仕上げています。

冒頭、実話度は低めで会話も事実ではない・・・と書きました。
それは間違いではないのですが、所々、当時の心境と言いま
しょうか、ほんの少しだけ事実が見え隠れしています。
実際、異人館の話題が出たことがあって、それもふたりの関
係がギクシャクしていた頃です。
それこそ、小説と同じように「あえてそこに行こう」と言わんば
かりの・・・そんな記憶があります。

結局、私たちは異人館には行かなかったのですが、別れるこ
とになりました。
結果的に異人館に行こうが行くまいが、ダメになるときはダメ
になる・・・当時、冷静に受け止めていました。
ただ、ブラックユーモアで考えるとすれば、少なくとも異人館の
話題は出ていたわけですから、もうその時点でジンクスに負け
ていたのかもしれませんね。異人館は別れのサイン・・・そう考
えることもできます。
今はどうなんでしょうか?でも、あえて調べてみようとは思いま
せん。それはそれで良い想い出です。

小説はいつもの通り、結末を考えず、ふたりに会話を委ねまし
た。最後はハッピーエンドに仕上げてみました・・・こんな結末
を望んでいたのかもしれません。
小説のようにならなかった私たちですが、青春の1ページって
きっとこんなことの繰り返し・・・そう考えています。T197

web拍手 by FC2

| |

« [No.515-2]デスティニー | トップページ | [No.516-1]雪景色 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.197:

« [No.515-2]デスティニー | トップページ | [No.516-1]雪景色 »