« [No.513-2]行きと帰り | トップページ | [No.514-1]未来予想図 »

ホタル通信 No.196

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.283 パープル・レイン
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

この話は過去の実話を、恋人同士の会話というかたちで紹介
したものです。

会話をするふたりは創作ですが、そこで話される内容はほぼ
実話です。当時、デートと言えば映画が定番であった時代に
あって、自分もご多分にもれず映画を選択したのですが・・・。
ご存知の方も多いかと思いますが、高校生がそれもカップル
が見るには、とてもお勧めできない映画です。

今なら十分に下調べも出来るわけですが、当時は今、どこで
どんな映画を・・・なんて、手軽に調べられる環境にはありませ
んでした。
ですから、若さゆえの勢いもあったのでしょうか・・・出たとこ
勝負で適当に選んだら、それが見事ハズレました。
記憶は定かではありませんが、ゴジラかなんかの怪獣映画
もその当時、公開されていたと思います。
“自分的”に無難な怪獣映画にしようか、内容は不明だけど
何となくカッコよさそうなパープル・レインにしようかと、迷って
いたように記憶しています。

ラスト近くで、美崎(みさき)もその映画を見たことになってい
ますが、会話するふたりが架空の人物であるため、これ自体
も作り話です。
語り手こそ“男性”ですが、作者は映画を見たカップルのどち
らかになります。

最後に、もうひとつエピソードを付け加えますね。
昔は“同時上映”と言う仕組みがあって、パープル・レインが
メインで、もうひとつ映画がオマケで付いていました。
その映画も、どちらかと言えばそっち系で・・・(笑)T196

web拍手 by FC2

| |

« [No.513-2]行きと帰り | トップページ | [No.514-1]未来予想図 »

(107)通信No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.196:

« [No.513-2]行きと帰り | トップページ | [No.514-1]未来予想図 »