« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

[No.517-1]疎遠

No.517-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「テレビ電話でもしてるの?」
「えっ!なんで!?」
「だって、スマホに向かって、ブツブツ言ってるじゃん、さっきから」

独り言が多いのは自覚している。
ただ、あらためて言われると、少し腹立たしい。

「そんなにひどかった?」
「なに言ってるか、聞き取れはしなかったけど」

でも、考え事をしていたのは確かだ。
それが、口に出たのかもしれない。

「・・・しれないって、思いっきり出てたわよ」
「そうダメ押ししないでよ」
「・・・で、なに?」
「う、ううん・・・」

疎遠になってしまった知人がいる。
もともと、親密な関係ではなく、適度に距離をとっていた。

「男の人?」
「まぁ、いちおう・・・」

数ヵ月に一度、メールのやりとりをする程度だ。
それもスマホではなく、パソコンでだ。

「今どき珍しいね」
「昔でいう、文通みたい」

それはそれで当たっているのかもしれない。
けど、それには理由がある。

(No.517-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.516-2]雪景色

No.516-2

胴体はサッカーボールより、ひとまわり小さいくらいだ。

「こうして、頭を乗っけたら・・・」

もう、完成が目前だ。

「楽しそうね?」
「だって、滅多にないことだもん」

友人はあることに気付いていない。
東京で生まれ育ったのに東京タワーに行ったことがない。
例えるなら、それに似ている。

「暇だから私も作ろうかな」

よくよく考えなくても、雪だるまを一度も作ったことがない。
雪質が違うのが大きな理由だ。
ここの雪と違い、サラサラすぎて、そのままでは固まらない。

「おっ!プロの出番ね」

それに、あえて作る人も居ない。
自分もそうだった。
実際、観光客が作ったであろう以外は、見たことがない。

「・・・案外、下手ね」
「だって、初めてなんだから・・・」
「・・・えっ!?」

それぞれが作り上げた雪だるまが並ぶ。

「あはは!情けない顔ね、あなたもそれも」
「だって、うまく作れなかったんだもん!」
午後の陽射しで、雪だるまの顔も溶け始めていた。
S516
(No.516完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.516-1]雪景色

No.516-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「わぁ~!結構、降ったわね」
「・・・驚かないわけ?」

雪国に長らく住んでいた私にとっては、見慣れた風景だ。
ただ、ここでこれだけまとまって降るのは珍しいだろう。

「・・・そっか、雪国育ちだったわね」
「まぁ・・・ね」

面倒なので特に否定はしなかった。
本当は生まれも育ちも、雪とは縁遠い場所だ。
でも、仕事の都合で地元以上に長らく雪国に居た。

「見て見て・・・あれ!」

見渡せる範囲に、いくつも雪だるまが作られていた。

「やっぱり、定番だよね」

雪だるまに、雪合戦・・・。
雪と縁遠い人たちにとっては、憧れでもあるのだろう。

「私たちも作ってみない?」

どうやら、目の前の友人もそのひとりらしい。

「・・・あっ!ごめん、ごめん」
「どうして謝るの?」
「だって、雪国に居たんだから、珍しくもないわよね」

そう言うと、ひとりでそそくさと雪を集めだした。

「すぐできるから、ちょっと待ってて」

(No.516-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.197

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.277 異人館
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めです。交わされた会話に事実はなく、ほぼ創作
になります。

当時、「神戸の異人館を訪れるカップルは別れる」という噂が
ありました。もちろん、単なる噂であったことは分かっていたの
ですが、もしそれを目の前に突き付けられたら・・・そんな話に
仕上げています。

冒頭、実話度は低めで会話も事実ではない・・・と書きました。
それは間違いではないのですが、所々、当時の心境と言いま
しょうか、ほんの少しだけ事実が見え隠れしています。
実際、異人館の話題が出たことがあって、それもふたりの関
係がギクシャクしていた頃です。
それこそ、小説と同じように「あえてそこに行こう」と言わんば
かりの・・・そんな記憶があります。

結局、私たちは異人館には行かなかったのですが、別れるこ
とになりました。
結果的に異人館に行こうが行くまいが、ダメになるときはダメ
になる・・・当時、冷静に受け止めていました。
ただ、ブラックユーモアで考えるとすれば、少なくとも異人館の
話題は出ていたわけですから、もうその時点でジンクスに負け
ていたのかもしれませんね。異人館は別れのサイン・・・そう考
えることもできます。
今はどうなんでしょうか?でも、あえて調べてみようとは思いま
せん。それはそれで良い想い出です。

小説はいつもの通り、結末を考えず、ふたりに会話を委ねまし
た。最後はハッピーエンドに仕上げてみました・・・こんな結末
を望んでいたのかもしれません。
小説のようにならなかった私たちですが、青春の1ページって
きっとこんなことの繰り返し・・・そう考えています。T197

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.515-2]デスティニー

No.515-2

本来、病院に向かうはずだった。
でも、私は亡くなった彼女と共に家にいる。

「・・・深夜に急変して」

看取ってくれた友人のひとりがポツリとつぶやいた。

「それでもあなたが来るまで頑張っていたのよ」

何度と無く、乾いた機械音がけたたましく鳴り響いていたらしい。
それこそ、ドラマでよく見るシーンそのものだ。

「本来なら、とっくに亡くなっていてもおかしくなかったって」
「あなたが来ることを伝えたら、意識がないはずなのに・・・」

体がピクピクと反応していたらしい。

「あなたに迷惑を掛けたくなかったんじゃない?」
「金曜日までに、もし死ぬようなことになったら・・・」
「・・・そうね」

それこそ、どうしてよいか分からなくなるだろう。
仕事と人の命を天秤に掛けるつもりはない・・・でも・・・・。

「彼女も、仕事人だったから・・・」
「あなたの立場を一番よく分かっていたと思うよ」
「だから、今日まで頑張ったと思うの」

その言葉を聞いた途端、嗚咽した。
涙はここに来るまでに、もう枯れてしまった。

彼女が倒れる少し前に、偶然ある歌を耳にした。
“見えない糸に操られている”
このフレーズが妙に印象的だった。

「・・・ありがとうね」

見えないはずの糸が今、見えた気がした。
S515
(No.515完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.515-1]デスティニー

No.515-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
見えない糸に操られている・・・そんな感じがした。
偶然聞いた、歌の歌詞のように。

「今、亡くなった」

メールが届いた。
その人のもとへ向かう、私の到着を待たずして。
そう・・・あれは1週間前のできごとだった。

「・・・どうしよう、あっ!もしもし!」
「あの・・・それでね、倒れた、ほらアノ・・・」

辛うじて友人のひとりだと、声で分かった。
ただ、何を言いたいのかは全く分からない。

「ちょっと!落着いて!で、なにが倒れたって?」
「・・・よ!」

唐突に親友の名前がでてきた。
けど、何がなんだか、状況を把握できない。

「・・・なら、お正月に三人で会ったじゃない?」
「さっき、病院に運ばれたって!危険な状態だって」
「・・・えっ!ちょっとどういうことよ!・・・ねぇ、ねぇってば!!」

返事はなかった。
ただ泣き崩れる声だけが遠くに聞こえるだけだった。

危険な状態は辛うじて脱したと、再び電話があった。

「金曜日に休みをとって札幌に行くから」

お見舞いに行きたいけど、すぐには行けない。
大阪と札幌にはそれなりの壁があった。

「急いで行くね」

まるで待ち合わせに遅れたかのような感覚で返事を返した。
悲しみが頂点をこえたせいかもしれない。

(No.515-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.514-2]未来予想図

No.514-2

「・・・忘れてる?」
「そう、ほら・・・大事なことを」

大事なことと言うか、順番と言えば良いのか・・・。

「せいじゅうろうの仲間・・・ひとり忘れてない?」

一匹ではなく、“ひとり”と数える。
そうしないと菜緒(なお)に怒られるからだ。

「ひとり?せやから、キイロイトリやん!」
「えっ!そうじゃないだろ?」

いつもの通り、これも作戦のうちなんだろうか?

(ひょっとして、すでに罠に掛かっている!?)

可能性は十分にある。

「ほら、仲間と言えば、まず・・・」
「コリラックマやろ」
「・・・だよな」

ますます怪しい。
分かっていながら、あえてそこには触れてこない。

「だったら、順番から言えば、次はコリ・・・」

言い終える前に気付いた。

「・・・もしかして」
「そうや、そのもしかしてがこれや!」
Image_10

(No.514完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.514-1]未来予想図

No.514-1    [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「うう~ん・・・」

菜緒(なお)が珍しく、うなっている。

「困りごとでも?」

さっきから腕組みをしながら、何度も首をかしげている。
ただ、悩みごとがあるようには見えない。

「前、せいじゅうろうのミニカー見せたやん」
「・・・例のあれ?」

ドライブに行くための車が・・・ミニカーだったというオチだった。
まぁ、いつものごとくだったが。

「うちな、今度、発売されると思うねんな」
「・・・何が?」

話の展開が読めない。
まさか本物のリラックマカーが、ということだろうか?

「・・・ちゃう!ちゃう!それやない」

俺の表情だけで、答えどころか返答までしてしまう。
菜緒がすごいのか、俺が分かりやすいのか・・・。

「じゃあ、何が?」
「今度はキイロイトリのミニカーがでると思うねん」

有り得ない話ではない。
けど、大事なことを菜緒は忘れている。

(No.514-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.196

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.283 パープル・レイン
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

この話は過去の実話を、恋人同士の会話というかたちで紹介
したものです。

会話をするふたりは創作ですが、そこで話される内容はほぼ
実話です。当時、デートと言えば映画が定番であった時代に
あって、自分もご多分にもれず映画を選択したのですが・・・。
ご存知の方も多いかと思いますが、高校生がそれもカップル
が見るには、とてもお勧めできない映画です。

今なら十分に下調べも出来るわけですが、当時は今、どこで
どんな映画を・・・なんて、手軽に調べられる環境にはありませ
んでした。
ですから、若さゆえの勢いもあったのでしょうか・・・出たとこ
勝負で適当に選んだら、それが見事ハズレました。
記憶は定かではありませんが、ゴジラかなんかの怪獣映画
もその当時、公開されていたと思います。
“自分的”に無難な怪獣映画にしようか、内容は不明だけど
何となくカッコよさそうなパープル・レインにしようかと、迷って
いたように記憶しています。

ラスト近くで、美崎(みさき)もその映画を見たことになってい
ますが、会話するふたりが架空の人物であるため、これ自体
も作り話です。
語り手こそ“男性”ですが、作者は映画を見たカップルのどち
らかになります。

最後に、もうひとつエピソードを付け加えますね。
昔は“同時上映”と言う仕組みがあって、パープル・レインが
メインで、もうひとつ映画がオマケで付いていました。
その映画も、どちらかと言えばそっち系で・・・(笑)T196

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.513-2]行きと帰り

No.513-2

「でもね、帰りは違ったの」

この橋を渡り終えた時、もう涙は消えていた。

「だって・・・ね」

海と空の構図が帰りには、街と空に替わった。

「なんだか、急に現実に戻された気がしたの」

行きは悲劇のヒロインにでもなった気で居たのかもしれない。

「しっかりしなきゃいけない・・・そう思ったの」
「・・・らしいな」

空港での滞在時間は30分もなかった。
たったそれだけなのに、行きと帰りでは大きく気持ちが変わった。

「だから不思議なの・・・ただ橋を渡っただけなのに」
「・・・色んなドラマがあったんだろうな」
「そうね、その時の私たち以外にも」

時を経て、また私はこの橋を渡ろうとしている。

「今回はどんな気持ちになるんだろう・・・」
「帰りが・・・ってことか?」

ただ、あの時とはシチュエーションが異なる。
帰りは私ひとりじゃない。

「うん、涙は涙でも・・・」
「きっと、うれし涙で橋を渡れるさ」

行きも帰りもふたりで橋を渡る。

「これからもずっと、そうなるよ」
S513
(No.513完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.513-1]行きと帰り

No.513-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
海上の空港につながる一本の橋がある。
この橋を渡る時、色々な想いが巡る。

「どうした・・・何か物憂げな表情だけど・・・」
「えっ!そんな表情してた?」

軽く、とぼけてみた。

「悩みごとでも?」
「ううん、悩みごとではなくて・・・」

とぼけた意味がなくなった。
遠まわしに物憂げな表情を認めたことになる。

「不思議なんだよね、この橋」
「・・・不思議?ただの橋だろ」

空港に向かって橋を渡る。
その時、車中からは一点透視法のような構図の海と空が見える。

「景色が、ってこと?」
「あのね・・・」

数年前、この橋を元カレと渡った。
転勤を機に別れることになった彼を見送るために。

「その話なら聞いたことあったよな?」
「確か、転勤が原因じゃなくて・・・」
「そう、転勤が背中を押しただけ」

運転する私に、彼はいつになくやさしかった。
そんな私を気遣えば気遣うほど、涙が溢れ出してきた。

「空港に向かう時は本当に辛かったわ」

この橋を越えれば、いよいよ別れの時を実感せざるを得なかった。

(No.513-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.512-2]LINE

No.512-2

「・・・ちゃん?」

LINEにメッセージが届いた。
ただ、内容よりも送り主が、誰だか分からない。
ニックネームで届いたからだ。

「彼女かな?」

そのニックネームは、スマホデビューした彼女の名前に似ている。

(返事する前に確認したほうがいいかも)

意図した相手ではなかったら大変だ。
LINEではなく、普通に彼女へメールした。

「一応、確認だけどLINEでメッセージくれた?」
「したけど、何か変だった?」

送り主が分かれば、LINEのほうが話が早い。
返事にはLINEを使った。

「そうじゃなくて、ニックネームで届いたから・・・」

事情を話した。

「そうなんだ、それでね・・・」

さすがLINE・・・テンポ良く、話のキャッチボールが続く。

(なんだか不思議な感覚だよな)

メールの返事を数日後に返してくるタイプの彼女だからだ。S512

(No.512完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.512-1]LINE

No.512-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは使い方のアドバイスから始まった。

「スマホデビューしました!」

知人の女性からメールが届いた。

「まだ使い方がよく分からなくて」

どうやらiPhoneにしたようだった。

「僕もiPhoneだよ」

彼女が最新モデルで、僕のはひとつ前のモデルだ。
ただ、使い方はほぼ同じだ。

「返信する時、ほら、前の文章が勝手に・・・」

言いたいことは良く分かる。

「設定がないから面倒だけど・・・」

知りうる範囲の知識と経験で彼女にアドバイスを返した。

「それはそうと、デビューのついでにLINEしない?」

もはや合言葉のようなセリフだ。

「でも・・・知らない人に・・・なんて聞くから」
「私はちょっと・・・」

どうやら、乗り気ではないらしい。
確かに、今の時代、これくらいの警戒心があってもいいだろう。
それから、数日が経過した時だった。

(No.512-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.195

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.226 振り返る
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

小説では、偶然、元カレと同じ・・・のような話になっていますが
事実は少し異なります。

本当は、偶然ではなく「キョロキョロ」していたんです。元カレに
似たような人を探していたのではなく、元カレそのものを。
この場所なら「もしかしたら逢えるんじゃないかな?」なんて、淡
い期待を抱きながら・・・。

話は一旦変わりますが、冬のホタルは、それぞれの話が繋が
っていることが少なくありません。登場自分が思いのほか限ら
れているので、複雑に絡み合っています。
この話も当然のように他の話につながっているのですが、特に
繋がりを感じさせる話があり、「No.260眼鏡の理由」がその話に
なります。
順序・・・シーンと言ったほうが良いのでしょうか、話の流れで言
えばNo.260の方が先になります。言うなればNo.260ではキョロ
キョロする準備をしていたことになります。

話しを戻すと、小説では元カレの匂い・・・なんて、綺麗なオチに
していますが、実際はそんなことはありませんでした。小説とは
逆に、似た人とすれ違ったんです。
そして本当に振り向いて・・・これが小説のきっかけになりました。
実話度を上げて、有りのまま書くこともできたのですが、なぜか
そうしなかったんですよね、理由は分かりませんが。

今でも、どこかで探しているような、探していないような、そんな
ことがあります。
多くの人が行き交う雑踏の中で一瞬だけ時が止まる・・・その瞬
間を信じて。
T195

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.511-2]手を振る子供

No.511-2

「言っとくけど、子供が嫌いなわけじゃないからね」
「知ってるわよ、言われなくても」

私の場合は逆に電車ではなく、人だった。
人に対してバイバイと告げた。

「まるで・・・3年前の自分を見ているようで」

ただ、邪念だらけの“バイバイ”だった。

「怒りや悲しみ・・・色んな感情が入っていたと思う」

もちろん、感謝の気持ちがなかったわけではない。

「・・・で、純粋な子供に嫉妬?」
「かもしれない、恥ずかしいけど」

電車の発車を告げるアナウンスが流れてきた。
それに呼応するかのように、子供の声がより大きくなった。

「手を振ってあげたら?」
「だって、電車にバイバイしてるんだよ?」
「そう?なら、私が手を振る・・・」

そう言いかけた言葉をさえぎり、私が手を振った。

「バイバイ!」

その瞬間、子供と目が合い、私に手を振り返してきた。
あの時とは違う瞬間だった。
S511
(No.511完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »