« [No.509-1]半券 | トップページ | ホタル通信 No.194 »

[No.509-2]半券

No.509-2

「それなら、あまり深く考えずに捨ててしまおうよ」
「そうね、単なるゴミとして捨てるわ」
「そういうこと!思い出まで捨てる必要はない」

彼らしいやさしい発言だ。
だからこそ、元カレのことも包み隠さず話すことができる。
自分に正直になれる・・・彼はそんな人だ。

「それより、こっちの半券は無くすなよ」

これから見る映画の半券を目の前で、チラつかせる。

「もちろんよ!」
「ポッケに大事に・・・あっ!・・・ごめん」
「あはは!いいよ」

去年もこんな感じだった記憶がある。
大事にし過ぎてしまったことが、今回に繋がった。
とにかく、前の半券を速やかに捨てた。
そこに何の想いを乗せず、単にゴミとして。

「・・・よし!これでオッケー!」

ポケットの奥にしっかりと仕舞い込んだ。

「万一、それを捨て忘れても大丈夫だよ」
「えっ!?どうして」
「だって、僕とその話をすることになるからさ」

彼が笑いながら、そう答えた。
S509
(No.509完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.509-1]半券 | トップページ | ホタル通信 No.194 »

(021)小説No.501~525」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.509-2]半券:

« [No.509-1]半券 | トップページ | ホタル通信 No.194 »