« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

[No.511-1]手を振る子供

No.511-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
駅のホームから元気な子供の声が聞こえきた。
乗降客が少ない田舎の駅だということもあるのだろう。

「かわいいね!」

友人が第一声をあげる。
さっき降りた親子連れが、まだホームに残っていた。

「“バイバイ”、だって!」

男の子が必死とも思える声で“バイバイ”と叫んでいる。
バイバイの相手は人ではなく、どうやら電車のようだった。

「純粋でいいわね~」

なぜか友人がホッコリしている。

「母性本能でも目覚めたわけ?」

周りの乗客もそんな雰囲気だった。
子供が乗ってきた電車にバイバイと手を振る。
そこに何の邪念を含むことなく。
なのに、私ときたら・・・。

「イラっとしてない?」
「そ、そうかな・・・」

正直、少しそんな気持ちになった。
その光景に、少なからず重ね合わせてしまうものがあるからだ。

(No.511-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.510-2]残してきたもの

No.510-2

「・・・ほら、もうバスも来ちゃった」

そうこうしているうちに、バスがやってきた。
遠くからでも行き先を告げる案内板が光っているので分かる。

「本当にいいの?」
「いいよ、大した傘じゃないわけだし」

地元の友人がなにか言いたげだ。

「連絡しておくよ、あの店に」
「連絡?取りに行ってくれるの?」

明日の朝早くに、ここを離れ、大阪の自宅に帰る。
ここに戻ってくるのは、早くても半年後だ。

「ううん、自分で取りに行けば?」
「自分で!?半年後に・・・?」
「そうよ、一緒に行ってあげるから」

それこそ、ここまで来るバスの運賃だけでも新しい傘が買える。

「だから・・・安物の・・・」

あらためて、安物の傘であると強調しようとした。
その時、気付いた。

「・・・一緒に?」
「そう聞こえなかった?」

大した目的ではない。
でも、それだけでも、私はここに戻ってくることができる。S510
(No.510完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.510-1]残してきたもの

No.510-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あっ!しまった・・・」
「ええっ!?なになに!?」

バス停に着いた瞬間に、思い出した。

「傘、忘れた!」
「・・・なんだ、びっくりしたじゃない・・・」

忘れた場所は分かっている。

「どうする・・・取りに行く?」
「でも、時間が微妙・・・」

そろそろバスが来る時間だ。
街中のバスなら、次のバスを待ってもいい。
けど、ここは街外れ・・・大袈裟に言えば山への入り口付近だ。

「そうね、これを逃したら、1時間も後だもんね」

この寒空の下・・・というより、一面の銀世界だ。
ここで1時間、立ちっぱなしは辛い。

「・・・まぁ、ビニール傘だし」

雪をよけるために、とりあえず買ったものだ。
ブランド品でも想い出の品でもなんでもない。

「それにもう、雪もおさまったようだし」

冷静になれば、別に取りに行くような物でもないと分かる。

(No.510-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.194

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.208 宇宙の果て
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実際に飲み会の席で、このような会話が交わされたわけ
ではないので、実話度については限りなく0%と言えます。

小説を書くきっかけになったのは、タイトルにもなっている
“宇宙の果て”について、あれこれ考えていたことです。
ただ、夢見る乙女・・・といったロマンティックなものではな
く、かなり科学的なアプローチから思いを馳せていました。

この場を借りて、アレコレ語るつもりはないのですが、たま
たまWeb上で宇宙の果てに関する動画を見たとき、人知
を遥かに越えたスケールの大きさに衝撃というより、恐怖
さえ覚えたものです。
宇宙に果てがあれば、その先にはなにがあるのか・・・。
小説の後半はそこから始まって行きます。
ラストというかオチに相当する部分は、果ての先にはなに
も“ない”けど、アレコレ考えることに夢が“ある”・・・という
ことで結んでいます。

少し話がズレますが、このあたりを機に、科学的な雑誌を
読むようになりましたが、逆に読めば読むほど謎が増えて
行きました。
けど、それが何とも言えない心地よいもので、現実逃避と
いうわけではないのですが、日常では決して味わえない
感覚です。

恐らく、誰もたどり着くことはできない宇宙の果て・・・そも
そも果てがあるどうかも分かっていません。でも、夢だけは
広い宇宙を駆け巡ることでしょう。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.509-2]半券

No.509-2

「それなら、あまり深く考えずに捨ててしまおうよ」
「そうね、単なるゴミとして捨てるわ」
「そういうこと!思い出まで捨てる必要はない」

彼らしいやさしい発言だ。
だからこそ、元カレのことも包み隠さず話すことができる。
自分に正直になれる・・・彼はそんな人だ。

「それより、こっちの半券は無くすなよ」

これから見る映画の半券を目の前で、チラつかせる。

「もちろんよ!」
「ポッケに大事に・・・あっ!・・・ごめん」
「あはは!いいよ」

去年もこんな感じだった記憶がある。
大事にし過ぎてしまったことが、今回に繋がった。
とにかく、前の半券を速やかに捨てた。
そこに何の想いを乗せず、単にゴミとして。

「・・・よし!これでオッケー!」

ポケットの奥にしっかりと仕舞い込んだ。

「万一、それを捨て忘れても大丈夫だよ」
「えっ!?どうして」
「だって、僕とその話をすることになるからさ」

彼が笑いながら、そう答えた。
S509
(No.509完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.509-1]半券

No.509-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
(ん?なにか入っている・・・)

おもむろに手を入れたコートのポケットに、手ごたえを感じた。

「・・・あっ、映画の半券」
「どうした?」
「やだぁ、入れたままになってたの」
「それって確か・・・」

丁度、一年前くらいに公開された映画だった。
まだ記憶に新しい。

「ごめん、捨てるの忘れちゃったみたい」

去年、買ったコートで、今日で着るのは2度目だ。
それもあって、クリーニングには出さずにいた。

「あやまることでもないだろ?」
「・・・だって」

彼が気を遣ってくれている。

「誰と行った半券かも分かっているわけだし」

私も彼も、元カレ、元カノについては隠し事をしないタイプだ。
だから、オープンにしてきた。

「やっぱり、イヤじゃない・・・私もあたなも」

特にひどい別れ方をしたわけじゃない。
だけど、今、必要な話題ではない。

(No.509-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.508-2]男女の違い

No.508-2

「寒い朝だったね」
「ほんと、息が真っ白だったよ」

以前の僕たちなら、交わすことがなかった会話だ。
でも、今ならごく自然に話すことができる。

「ねぇ、初めてのデート、覚えてる?」
「なんだよ、急に・・・」
「覚えてないの!?」
「バカ言うなよ、今でも鮮明に覚えてるよ」

この後、なぜか、ふたりで大笑いした。
騒がしい空港のロビー内だ。
多少、大きな笑い声でも雑踏にかき消される。

「あの頃は楽しかったね!」
「今だって楽しいさ」
「・・・だね」

また、ふたりで大笑いした。
それからも楽しい時間が流れた。

「・・・行くね」
「そろそろ、時間だもな」

いつのまにか出発の時刻が迫っていた。

「・・・じゃぁ」
「うん」

その言葉を最後に僕へ背中を向け、出発ロビーに消えて行った。
一度もこちらを振り返ることもなく。
S508_2
(No.508完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.508-1]男女の違い

No.508-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・じゃぁ」
「うん」

その言葉を最後に僕へ背中を向け、出発ロビーに消えて行った。
一度もこちらを振り返ることもなく。

「・・・で、行くことにしたの?」
「うん、もう決めたの」

数週間前、彼女から転勤の話を聞かされた。

「そっか・・・」
「ごめんね」

彼女はそれほどキャリアウーマンというわけではない。
どちらかと言えば仕事よりも恋愛を優先するタイプだ。

「あやまることはないよ、いいチャンスだもんな」

彼女の背中を悪い意味で押してしまったのは僕だ。
仕事を優先する余り、彼女との関係をギクシャクさせてしまった。

「いつ、あっちには?」
「来週の日曜日にこっちを発つ予定だよ」

彼女自身、転勤を望んでいたわけではなかった。
転勤によって、今の関係を終わらせようとしている・・・。
そこにズルい考えがないのは分かっている。

「見送りに行くよ」
「ありがとう、最後だしね」

色々な意味で引き留めることもできただろう。
もしかしたら、それを彼女も望んでいたのかもしれない。

(No.508-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.193

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.204 背中越しの告白
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度は限りなく0%です。とは言え、アニメやドラマのワン
シーンを切り取ったわけではありません。

全体的な雰囲気としては、それこそアニメやドラマのワンシ
ーンであると自分でも感じています。
随分前の作品かつ実話度も0%なので、なにをきっかけに
して作ったのかは正直覚えていません。けど、冒頭で書い
たように、何かを参考にして作ったものではありません。

自分で作った作品に「あくまでも推測ですが」と前置きする
のも変ですが、恐らく、“ドキドキ音”からヒントをもらったの
だと思います。ただ、そのドキドキ音も単なる息切れのドキ
ドキ音だったかもしれませんし、小説のように恋のドキドキ
音だったのかもしれません。
いずれにせよ、ドキドキ音を単なる鼓動や音としてではなく
告白のひとつの手段として使ったのは、手前味噌ながらナ
イスアイデアだと思います。

それに荒っぽく言えば、いつも小説のタイトルはいい加減に
付けていますが、この小説に限って言えば内容とタイトルが
一致しています。
ロマンティックさを付け加えるなら、背中越しの告白は爽や
かな意味で、体と体が密着しており、だからこそドキドキ音
が相手に伝わった・・・そんな意味も含まれています。

鼓動で告白し、鼓動で返事を返す・・・よくもまぁ、こんな照れ
くさい話を作れたものだと、自分のことながら恥ずかしくもな
ります。
でも、こんなふたりにどこか憧れているのかもしれませんね。T193

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.507-2]推しメン

No.507-2

「・・・どうした?」

画面を見つめる彼女の目つきが変わってきた。

「この子・・・だれかに似てない?」
「そりゃ、世の中広いんだから・・・」
「・・・どこかで見たんだよね」

彼女もなんとなく覚えているらしい。

「う~ん・・・ダメだ!思い出せない・・・」
「無理しなくてもそのうち、思い出すんじゃない?」

別に思い出したとしても問題はない。
ただ、出来ればもう過去のこととして水に流したい。

「そうね、気持ち悪いけどそうする」

その子は、僕が初めて付き合った人に似ている。
告白されたこともあり、すっかり天狗になっていた。
それもあり、随分と彼女には辛いおもいをさせた。

「なら、チャンネル替えていいかい?」
「うん、どうぞ」

ようやく、この話から開放してもらえそうだ。
その子を見るたびに、若気の至りだったとは言え今でも心が痛む。

(ごめんな)

当時、言えなかった言葉だった。
S507
(No.507完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.507-1]推しメン

No.507-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「チャンネル替えていい?」
「あれ?ファンじゃなかったっけ?」

今風に言えば、そのグループの中に“推しメン”がいる。

「でも、これには出ていないよ」
「・・・ほんとだ、居ないね」

その時々で出演するメンバーが代わる。
だから、いつも居るとは限らない。
ただ、チャンネルを替えたい理由は違うところにある。

「それはそうと、最近、この子、目立ってきたよね」
「だれだい?」
「えっと・・・ね、この・・・子」

画面上、目まぐるしく動くメンバーの一人を指差した。

「確か、ぱ・・・っていう、愛称で呼ばれているよね?」

(よりによって、一番触れて欲しくない人を選ぶんだから・・・)

「・・・なにか言った?」
「い、いや・・・」
「この子、魅力的だよね!同性からみても」

この場合、どう応えれば良いのだろうか。

「ねぇ、そう思わない?」
「ん?そ、そうかな・・・」

出来れば、早くこの話題を終わらせたい。

(No.507-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.506-2]野良猫

No.506-2

「それにしても昨日も会ったんだって?」
「私も割りと時間に正確なので」

猫は決まった散歩コースを持つと聞いたことがある。
散歩というより、縄張りを“点検”しているとも聞いた。

「昨日も今日も、少し離れた所で振り向いたんだよ」

呼び掛けてもいないのに、まるで分かっているかのように振り向く。
昨日も今日もほぼ同じシチュエーションだった。

「悩みごとでもあるの?」
「別にそんなんじゃないけど・・・」

平凡な毎日に退屈しているのかもしれない。
そこに来て、自由気ままな野良猫だ。

「そう見えるだけかもしれないよ」
「彼らだって、それなりに大変だと思うな」
「・・・そうね、今度会ったら聞いてみるよ」

それから3日後に、例の猫が目の前を通り過ぎた。
やはり時間に正確なところが似ている。

「ちょ、ちょっと待って!」

猫の歩みが止まる。
言葉を理解したわけではなく、私の声にただ反応しただけだ。
そして徐に振り向いた。

「ねぇ、なに考えてる?」

表情を変えることなく、すぐに前を向いて歩き出した。
私の存在などまるで無視するかのように。
S506
(No.506完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.506-1]野良猫

No.506-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
昨日と同じパターンだった。
目の前を通り過ぎたと思ったら、少し離れた所で徐に振り向く。
そのふてぶてしい表情が・・・羨ましい。

「野良猫?
「多分・・・最近チョクチョク見かけるようになったの」

根拠はないけど、飼われているようには見えない。

「自由人ならぬ、自由猫!って感じがするから」
「でも猫って、もともとそんなんじゃない?
「そうだけど、その猫は特にそう感じたの」

それに食うにも困るだろうし、危険も多い。
大袈裟に言えば生きるか死ぬか、連続の毎日だろう。

「なのに、余裕の表情なんだよね」

逆に私と言えば、平々凡々の毎日のくせに余裕はない。

「野良猫と張り合ってどうするのよ!?」
「ま、まぁ・・・そうなんだけど」

憎らしいのではなく、単純に羨ましかった。
そんな毎日のくせに、何食わぬ顔で生きている。

「それが野生なんじゃない?」
「彼らにとって、それが普通で、人間とかかわることが・・・」
「逆に危険?」
「かもしれないよ」

彼らにとっての野性とは、ごくありふれた日常なのかもしれない。

(No.506-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »