« [No.502-1]地元の名物 | トップページ | [No.503-1]ファンクラブ »

[No.502-2]地元の名物

No.502-2

「もしかして・・・知らない?」

ほとんど初めて聞くものばかりだ。

「うん、情けないけど」

確かに地元だから絶対に知っているとは言えない。
ただ、僕には知らない理由が分かっている。

「これから・・・って時に」

卒業後、地元を離れて仕事をすることになった。
社会人になったら、今までとは違う世界が見えていたはずだ。
地元の名物だってそれなりに知る機会もあっただろう。

「そうかもしれないね」
「ちょっと言い訳がましいけどな」

意外な名物に驚きながらも、何だか嬉しくもある。

「変な言い方だけど、地元を見直したよ」
「離れているからこそ・・・ということもあるよね」

ラジオの声に“そう!そう!”と同意できない。
でも、偶然とは言え、知れて良かった。

「帰りどうする?」
「もちろん、食べて帰る・・・でしょ?」

その前に、大切なイベントが待ち構えているが・・・。
S502
(No.502完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.502-1]地元の名物 | トップページ | [No.503-1]ファンクラブ »

(021)小説No.501~525」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.502-2]地元の名物:

« [No.502-1]地元の名物 | トップページ | [No.503-1]ファンクラブ »